「オート・カッティング・マシン」(略してオカマ)
滋賀県大津市  谷崎 成久 様  中学3年生




考案理由・・・僕は、いつも父が仕事でパソコンのスキャナーを使っているのを見て思いつきました。紙を切ったりして、工作するのが好きで、“一度に沢山の紙が切れたらいいのにな”と思い、そういうマシンがあればと思い、考えました。
オカマの説明・・・レーザーにより自動で自由に切断することが出来ます。
(その1)マシンの中に500枚のコピー用紙(その他の紙)を入れ、マシンの表面のトレー上に、専用入力ペンで、自由に線描きしたものが、ボックスの中に入れた紙を、一度に500枚まで、描いた形にカットします。
(その2)あらかじめ描いた用紙をトレーに挿入し、カットしたい線をモニターでチェックしてその部分だけをカットしたり色々選別出来る。
(その他…)コンピューターと接続して入力した画像をカットすることが出来たり、厚さ4センチ以内の物(ダンボール類)をカットすることが出来る。




日本エレクトロニクスショー協会
Phone: 03-5402-7601 FAX: 03-5402-7605  e-mail: edsfair@jesa.or.jp http://www.jesa.or.jp/
All Rights Reserved by Japan Electronics Show Association