エレクトロニクス設計技術の現在・過去・未来
2001年は21世紀最初の年であり、Electronic Design and Solution Fair実行委員会では、ここでエレクトロニクスと設計技術の過去を振り返り、現在の問題点を明らかにし、さらには未来に対する展望をおこなう、またとない機会と考えます。
そこで本年のテーマコーナーでは、「エレクトロニクス設計技術の現在・過去・未来」と銘打った展示を実施します。


過去編
EDA、半導体そして電子機器製品の歴史を年表形式でまとめています。
トランジスタの発明から、始まって、この50年はまさにエレクトロニクスの半世紀といってもよい時代でした。その間にマイコンの登場と電卓、今や必需品と化したパソコンの登場、そして家庭用ゲーム機、携帯電話。これらの進歩の影には常に半導体メーカーの熾烈な技術競争があり、そのさらに影の世界ではEDAベンダーが興亡を繰り返していました。
この年表では、時代の節目に登場した製品とテクノロジーの進歩、ベンチャー企業の創業との相関関係を表現し、過去の足跡を振り返ります。なつかしのベンダ名や製品名を探してみてはいかがでしょうか。

現在編
半導体テクノロジーの近未来までの進歩を描き、それによって市場がどうインパクトを受けるかについて展示形式で解説します。中でも半導体の進化はIPの再利用、EDA、FPGAといった半導体関連分野の受けるインパクトは大きなものがあります。そこで、これらの分野に特化した現在の設計技術の課題と業界の最新動向を解説します。
IPにおいては流通や認証の問題、EDAについてはタイミング収束、システム言語などの最新の動向についても解説しています。またFPGAについてはASICに迫るキャパシティと性能を実現したことにより、今後の応用範囲、開発手法について解説します。

未来編
エレクトロニクスの未来は、将来を担う人材にかかっていると言っても過言ではありません。Electronic Design and Solution Fairでは21世紀のエレクトロニクス製品を設計する未来のエンジニアとなるべき小学生から大学生までを対象に、「21世紀夢のアイデア・イラスト・コンテスト」を実施し、自由な発想から描き出されたユニークなエレクトロニクス応用製品のイラストを展示します。
SF小説さながらの奇抜なアイデアから、現実的な技術に裏打ちされた実現性の高いアイデアまで、もの作りに携わる技術者には必見の内容です。


日本エレクトロニクスショー協会
Phone: 03-5402-7601 FAX: 03-5402-7605  e-mail: edsfair@jesa.or.jp http://www.jesa.or.jp/
All Rights Reserved by Japan Electronics Show Association