開催要項 会長挨拶 総合ソリューションフェアとして高い評価
多面的なプロモーション活動 効果的なコミュニケーションステージを確立
低コストで最大限の効果 様々な付帯メディアを用意 出展規程/出展申込書
 
開催・出展のご案内
   

ソリューションフェアとしての更なる飛躍
グローバルレベルでの認知度向上を 目指して第一歩をスタート!
パシフィコ横浜の新設会場を使用し、 会場環境を整備
■開催要項
名称 Electronic Design and Solution Fair 2002
会期 2002年1月24日(木)〜1月25日(金) 2日間
会場 パシフィコ横浜
〒220-0012 横浜市みなとみらい1-1-1
開場時間 午前10時〜午後6時
入場 展示:無料(入場の際に登録が必要)
コンファレンス:一部有料
主催 社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)
協力 Electronic Design Automation Consortium(EDAC)
後援予定 経済産業省
アメリカ合衆国大使館
米国半導体工業会(SIA)
外国系半導体商社協会(DAFS)
協賛予定 社団法人 電子情報通信学会(IEICE)
社団法人 情報処理学会(IPSJ)
社団法人 日本プリント回路工業会(JPCA)
運営 日本エレクトロニクスショー協会(JESA)



ソリューションとしての更なる飛躍
数百万ゲート規模のシステムLSIも実用化の時代に入り、その設計/開発技術は大きな変革期を迎えております。EDA技術の革新、ASICやFPGA/PLDを始めとする先進のデバイス技術、設計資産(IP)再利用技術、組込ソフトウェア技術、各種の設計サービスなど、様々な分野の先端技術を組み合わせた新しいソリューションが求められています。当展示会では、こういった時代の要請に応え、これらの広範囲におよぶ技術情報を取り込んだソリューションフェアとして、更なる飛躍を遂げようとしています。出展者ならびに来場者の皆様にとって、より充実したソリューションフェアを目指します。
 
グローバルレベルでの認知度向上を 目指して第一歩をスタート!
Electronic Design and Solution Fairは、米国のElectronic Design Automation Consortium(EDAC)との間で、協調関係確立合意を締結します。これに基づき、2001年6月に日本国内、ならびに米国で開催されるDesign Automation Conference(DAC)における共同プレス発表の実施、DAC会場における出展誘致活動の推進をはじめとする様々なプロモーション活動を展開。EDAC会員企業をはじめ、DACやDATEに参加している欧米の有望企業を積極的に誘致することにより、最先端の新しいテクノロジを日本の設計者にご紹介して参ります。2002年、EDS Fairの国際化の第一歩がスタートします。
 
パシフィコ横浜の新設会場を使用し、 会場環境を整備
今回は、今年7月にパシフィコ横浜に新設される新展示ホールおよびアネックスホールを使用し、会場規模を拡大します。アネックスホールでは有料コンファレンスを開催し、新展示ホールの付帯会議室の充実により、出展者セミナーなどの実施環境が大幅に改善されます。結果として展示スペースも拡大し、更なる出展者誘致の環境整備ならびに休憩所などのアメニティ施設の充実が図れます。

このページのTOPに戻る
日本エレクトロニクスショー協会
phone:03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
E-mail: edsfair@jesa.or.jp http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association