開催要項 会長挨拶 総合ソリューションフェアとして高い評価
多面的なプロモーション活動 効果的なコミュニケーションステージを確立
低コストで最大限の効果 様々な付帯メディアを用意 出展規程/出展申込書
 
会長挨拶
 

社団法人  電子情報技術産業協会
会長 森下 洋一

 
  社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)では、半導体設計の専門展示会として1993年以来開催してきた「EDA TechnoFair」と、FPGA/PLDベンダ各社および大学関係者が行っていた「FPGA/PLD Design Conference & Exhibit」を統合し2001年2月にパシフィコ横浜にて「Electronic Design and Solution Fair(EDSFair)」を開催し、国内外より高い評価をいただきました。
 IT革命を支える半導体・LSIの高性能化、システムオンチップの高度化、省エネルギー化を短期間で実現する上で、電子回路設計技術およびソリューション技術の開発と進展がより一層重要になりつつあります。
 数百万ゲート規模のワンチップ化、高速なインタフェースの実現、より高度化したソフトウェアの搭載などに対応するため、先進的なデバイスとシステムLSIの設計技術の開発が世界中で進められています。
 EDSFairは、こうした情勢を反映し、EDA(Electronic Design Automation)技術、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)やFPGA/PLD(Field Programmable Gate Array / Programmable Logic Device)をはじめとする先進のデバイス技術、設計資産(IP=Intellectual Property)再利用技術、組込ソフトウェア技術、各種の設計サービスなどの分野を網羅するソリューションフェアとして開催するものです。
 2回目となる2002年の開催に際しましては、この方向を一層進化させていくことを目指し、2002年1月24日(木)と25日(金)の2日間、パシフィコ横浜(横浜市)にて開催いたします。
 EDSFair 2002は、キャッチフレーズとして“あなたの今の設計で21世紀戦えますか?”を掲げ、先端技術を組み合わせた新しいソリューションを求める時代応えるものです。
 また、EDSFair 2002では、米国のDesign Automation Conference(DAC)を主催するElectronic Design Automation Consortium(EDAC)との協力関係構築の準備を進めております。この結果、EDSFairは米国のDAC、欧州のDesign, Automation and Test in Europe(DATE)と並ぶ国際コンベンションとして位置付けられ、欧米の中小EDAベンダ、FPGA/PLDベンダ、シリコン・ベンダ、IPプロバイダ、ライブラリベンダ、デザインハウス等の出展が見込まれるとともに、国際的なビジネスの場が創出されることが期待されます。
 さらには、FPGA/PLD Design Conferenceの拡充や技術フォーラムの実施などにより、技術展示会としての性格を強化し、ご参加いただく出展者・来場者の皆様に、効率的かつ効果的なコミュニケーションとビジネスの場をご提供できるものと確信しております。
EDSFair 2002への積極的なご参加を心よりお願い申し上げます。


日本エレクトロニクスショー協会
phone:03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
E-mail: edsfair@jesa.or.jp http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association