Electronic Design and Solution Fair 2003 では、新たな施策としてあらゆる展開を企画しております。


 会場小間割の展開
出展の小間位置は抽選によって決定しておりますが、本年よりゾーンニング展示を行わずに、トータルで小間割を行ってまいります。これにより、各社の配置に柔軟性が生まれ、抽選対象箇所も拡張されます。また、ご来場者への動線の配慮として、全通路へのカーペットの敷き込みや会場案内図の工夫により、効率の良い見学環境をご提供いたします。さらに、スイートエリアの位置やコンファレンス会場への動線の配慮も行ってまいります。

 展示会で得られるコンテンツの充実
前回、Electronic Design and Solution Fair 2002 における多くのご来場者の滞在時間は4時間〜5時間でした。これは、フェアをより熱心にご見学いただいたり、じっくりとセミナーやコンファレンスを聴講していただいている証とも伺えます。さらに、ご来場者は「製品・技術の最新情報の入手」や「業界動向の把握」を目的としています。このニーズにお応えするため、新たなセミナーやコンファレンスの企画やテーマコーナー展示の充実を図るとともに、情報公開への展開を向上してまいります。

 展示会出展での最大の効果を見出していただくために
前回、Electronic Design and Solution Fair 2002 における出展者様の多くは「新規顧客開拓」、「新製品・新技術のアピール」、「製品の販売促進」を目的としています。また、会場でのPR活動も重要ですが、展示会開催前と終了後の活動をさらに活性化させることにより、目的達成への成果が見出せます。EDSFairでは、パブリシティ活動の充実やデータベースマーケティングの運用などにより、出展者様に有効と思われる展開を検討してまいります。特に、データベースの活用を活性化することにより、前年との比較など、時代に応じたソリューションをご提供したいと、考えております。



日本エレクトロニクスショー協会 
phone:03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
E-mail: edsfair@jesa.or.jp http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association

サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております。