Electronic Design and Solution Fair 2005
 
ジャスパー・デザイン・オートメーション・インク

Jasper Design Automation, Inc.
607
 
 
本社 100 Viwe Street, Suite 101, Mountain View, CA 94041, USA
連絡先 ジャスパー・デザイン・オートメーション・インク 日本支店
Jasper Design Automation, Inc. Japan Office
TEL:090-9109-3815(日本支店) / +1-(650)-966-0200(米国本社)
FAX:+1-(650)-625-9840(米国本社)
E-mail:sales@jasper-da.com
URL:http://www.jasper-da.com
出展物紹介 ジャスパー・デザイン・オートメーション・インクは、フォーマル検証において、従来扱うことのできなかった回路規模のブロック検証を可能にする“Provably Correct Design Methodology”を提唱します。
伝統的な“verify-after-the-fact”アプローチによって決まる検証手法に対し、新しいパラダイムとして、アサーションベース設計の基本となる“prove-as-you-design”を実現します。
この手法により、技術者はASICやSoC 開発プロセスにおいて、テストベンチなしに、マイクロ・アーキテクチャ仕様に基づき、設計仕様から直接得られた高位レベルのプロパティに対して、ブロックレベルで設計仕様の100%検証が可能となり、設計時間の短縮に加え、設計初期の段階において品質を保証する設計が実現可能となります。
JasperGold / Formal Testplannerは、この手法をサポート可能な性能とスタティックで豊富なデバッグ機能を持つフォーマル・ツールならびに検証ナレッジ・データベースであり、業界唯一のフォーマル・ソリューション環境を提供します。
出展者セミナー  
 
ジャスパー・デザイン・オートメーション・インク
1月27日(木) 第4会場 (DM2)  13:30 〜 14:15
“Provably Correct Design Methodology”-JasperGoldによる100%フォーマル検証の実現
Harry Foster氏 (Chief Methodologist)
Jasper Design Automationの提唱する“Provably Correct Design Methodology”は、設計仕様から直接得られた高位レベルのプロパティに対して、ブロックレベルで設計仕様の100%検証を可能にします。当セミナーでは、この手法をサポートする能力とスタティックなデバッグ機能を持つ業界唯一のフォーマルソリューションであるJasperGoldについてご紹介します。
1月28日(金) 第4会場 (DM2)  14:30 〜 15:15
アサーションベース検証技術
Harry Foster氏 (Chief Methodologist)
当セミナーでは、OVL(OpenVerificationLibrary)の開発者であり、IEEE-1850 PSL委員会のchairmanでもあるJasper Design AutomationのHarry Fosterにより、PSLおよびSystemVerilogを用いた、アサーションベース検証(ABV)ソリューションについて最新情報をご紹介します。また、JasperのABVへのアプローチが、そのユニークなフォーマル技術およびデバッグ手法を通じ、いかに検証時間の短縮を実現させるかについてご説明します。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております