Electronic Design and Solution Fair 2005
 
アクテルジャパン(株)
Actel Japan K.K.
107
 
 
本社 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-24-14 EXOS恵比寿4階
EXOS Ebisu Bldg. 4F, 1-24-14, Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo 150-0013, Japan
連絡先
TEL:(03)3445-7671
FAX:(03)3445-7668
E-mail:japan@actel.com
URL:http://www.jp.actel.com/
出展物紹介 フラッシュおよびアンチヒューズ技術を採用したFPGAのリーディング・サプライヤであるアクテルは、書き換え可能で不揮発性のフラッシュFPGAの最新製品で、大幅に機能拡張を実現した「ProASIC3」を紹介します。フラッシュFPGAはワンチップのソリューションで、トータル・システム・コストの削減、低消費電力、電源投入後の即時動作、ソフトエラー耐性、デザインの高機密性など、従来のFPGAにはない多くの利点があり、鉛フリーにも対応しています。ブースでは、それぞれの設計要件に応じた製品を幅広く展示します。メンター・グラフィックス、シンプリシティなどEDAのリーディング・カンパニーのツールが統合された、統合設計ツール「Libero」のデモ、フラッシュおよびアンチヒューズFPGAの特長を生かした応用例、製品の市場投入までの期間を短縮し設計リスクを低減するIPコア製品と幅広くご紹介します。
出展者セミナー  
 
アクテルジャパン(株)
1月28日(金) 第1会場 (C11)  14:30 〜 15:15
最新のフラッシュFPGAで実現する次世代設計
宇喜多 謙二氏 (FAEマネージャー)
フラッシュ・テクノロジーをベースにしたアクテルのFPGAは、不揮発性・単一チップのソルーションであり、トータル・システム・コストの削減、低消費電力、電源投入後の即時動作、ソフトエラー耐性、デザインの高機密性など、従来のFPGAにはない多くの利点が高く評価されています。
本セッションでは、従来のFPGAの常識を変える最新フラッシュFPGAの詳細と、その特徴を活かした応用例について解説します。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております