Electronic Design and Solution Fair 2005
 
アンソフト・ジャパン(株)

Ansoft Japan K. K.
705
 
 
本社 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20 ベネックス S-1 5F
Benex S-1, 5th Floor 3-18-20, Shin-Yokohama, Kohoku-Ku, Yokohama-Shi, Kanagawa 222-0033, Japan
連絡先 SIプロダクトグループ
SI Product Group
TEL:(045)474-2201
FAX:(045)474-2207
E-mail:japan@ansoft.co.jp
URL:http://www.ansoft.co.jp/
出展物紹介 アンソフト社は世界最高峰の電磁界解析技術と回路シミュレーション技術を有するソフトウェアプロバイダです。電子機器の高度化・高集積化に伴なって表面化する、反射、クロストーク、信号の減衰、ISI、SSN、EMI/EMC等、様々なシグナルインテグリティ及び電源・グランドノイズ問題に対する、バーチャルな測定環境を提供します。展示ブースでは、高速シリアル伝送システムのアイパターン、同時スイッチングノイズ、電源・グランドの共振現象等についての解析例を紹介致します。展示製品には、大規模回路向け高速回路シミュレータ:NEXXIM、アンソフト社製品の共通デスクトップ:Ansoft Designerの他、2005年にリリース予定のHFSS V10、Q3D Extractor V7、SIwave V3を実機にて用意致しております。弊社ブースに是非お越し頂き、最新のシミュレーション環境を是非ご体験下さい。
出展者セミナー  
 
アンソフト・ジャパン(株)
1月28日(金) 第1会場 (C11)  13:30 〜 14:15
10GBps高速シリアル伝送システムのシミュレーション
渡辺 亨氏 (マーケッティングマネージャー SIプロダクトグループ)
ギガビットクラスの高速伝送システムでは、ビア等の不連続部においても差動インピーダンスの整合が求められ、また、デジタル信号の高調波成分の減衰の問題が無視できなくなる。こうした背景から、プロトタイプ作成前にシミュレーションによる伝送線路システムの評価を行う必要性が高まってきている。アンソフト社とザイリンクス社は、10Gpsの高速シリアル伝送システムのシミュレーションを容易に行うことができるデザインキットを開発した。このセッションでは、デザインキットによって実現した、10GBps送信チャンネルのシミュレーション例について実測との比較を交えて紹介する。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております