Electronic Design and Solution Fair 2005
 
デナリソフトウエア(株)
Denali Software K.K.
707
 
 
本社 〒102-0074
東京都千代田区九段南1-4-5 文祥九段ビル6F
Bunsho Kudan Bldg. 6F, 1-4-5 Kudanminami, Chiyoda, Tokyo 102-0074, Japan
連絡先 営業部
Sales Department
TEL:(03)3511-2460
E-mail:info@denalisoft.co.jp
URL:http://www.denalisoft.co.jp
出展物紹介 デナリソフトウエア社はメモリ、PCI Express, USB, Serial ATAなどチップインタフェースにフォーカスした検証IPおよび設計IPを展示します。
1. 標準バスインタフェース検証IP『PureSpec』
 ・PCI Express, ASI, Serial ATA, USB2.0(OTG), Giga Ethernetに対応
 ・全デバイスタイプ、全レイヤに対応したバス機能モデル、モニタモデル
2. コンフィギュレーション可能なメモリコントローラ設計IP『Databahn』
 ・DDR2、DDR1、Mobile DDR、Mobile SDRに対応したシリコン実証済みIP
 ・AHB、AXI、BVCI、BVCIバスに対応
3.メモリインタフェース検証IP『MMAV』
 ・DDR2など各種DRAM、モバイル用メモリ、各種FLASH、SRAM、各種メモリ  カードの全機能、タイミングを実現。
 ・テストベンチ作成を軽減するシステムタスク、検証機能を搭載
出展者セミナー  
 
デナリソフトウエア(株)
1月27日(木) 第3会場 (DM1)  14:30 〜 15:15
シリアルATAデザイン・インタフェースの設計&検証手法
小林 亘 氏 (技術マネージャ)
『シリアルATA』を搭載したデザインにフォーカスした設計および検証手法を紹介します。シリアルATAデバイスの検証IP(シミュレーションモデル)、「規格適合性」と「相互動作」を確認するための検証方法と検証IPを利用した事例、SystemC/C++、Verilog、検証言語e/VERAを利用した統合検証フロー、さらには、アサーションベースの検証、コンプライアンスチェックなどの最新情報を紹介します。
1月28日(金) 第4会場 (DM2)  12:30 〜 13:15
AXIバスを搭載したチップインタフェースの設計と検証手法
木下 仁 氏 (技術マネージャ)
『AXI』を搭載したデザインのチップインタフェース設計および検証手法について解説します。抽象度の高いシステムC/C++レベルの上位設計からRTLレベルの設計をカバーするデナリ社のソリューションを用いた性能評価、メモリコントローラの設計およびパフォーマンス解析&最適化、メモリサブシステムの検証、AXI検証IPを用いたプロトコルチェック、システム全体の検証について紹介します。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております