Electronic Design and Solution Fair 2005
 
(株)シルバコ・ジャパン
Silvaco Japan Inc.
004
 
 
本社 〒244-0801
横浜市戸塚区品濃町549-2三宅ビル4F
MIYAKE Bldg. 4F, 549-2 Shinano-cho, Totsuka-ku, Yokohama 244-0801, Japan
連絡先 営業部
Sales Dept.
TEL:(045)820-3000
FAX:(045)820-3005
E-mail:info@silvaco.co.jp
URL:http://www.silvaco.co.jp
出展物紹介 シルバコ・ジャパンは、アナログ/デジタル環境の設計用EDAソフトウェアのリーディング・ベンダで、SPICEパラメータ抽出、回路シミュレーション、物理IC設計/検証、TCADシミュレーション・ソフトウェアを提供しています。
本展示会では、「本当に必要なツールは、そこにありますか?」をご来場者様へのメッセージに、シルバコのEDAツール群をデモやプレゼンテーションを交えご紹介してまいります。ご来場者様にはシルバコのツール群をご体感頂き、御社にとって本当に必要なツールはどれかを見極めて頂きたいと思っています。
皆様のご来場をお待ちしております。
-主要展示ツール-
◆SmartSpice(回路シミュレータ)
◆Gateway(スケマティック・エディタ)
◆Silos(論理シミュレータ)
◆Expert(レイアウト・エディタ)
◆EXACT(配線容量データベース)
◆HIPEX(フルチップ寄生RC抽出ツール)
◆UTMOST(SPICEパラメータ抽出ツール)
◆TCAD(プロセス/デバイス・シミュレータ)
出展者セミナー  
 
(株)シルバコ・ジャパン
1月27日(木) 第1会場 (C11)  12:30 〜 13:15
一新されたシルバコレイアウトツール群の紹介
桑垣 武司氏 (CADシニア・アプリケーション・エンジニア)
従来、Expertレイアウトエディタは、WindowsベースのLSIレイアウトエディタとして広く利用されてきた。この度、開発環境の変更により、従来どおりのWindowsに加え、RedHat LINUX、Sun Solarisでの利用も可能になった。また、ネットリストドリブンレイアウト機能の標準搭載や、HIPEX-RCの登場による寄生RC抽出が可能になることで、特にフルカスタムレイアウト手法での利用環境が整ったといえる。セミナーでは、これらの製品、機能を紹介しながら、新しい設計環境の構築を提案する。
1月27日(木) 第5会場 (DM3)  13:30 〜 14:15
SmartSpiceを用いたアナログ設計環境の改革
山本 順彦氏 (Mixed-Signalシニア・アプリケーション・エンジニア)
SmartSpiceの基本機能の紹介を中心に、以下4つのアドバンスド機能に実例を交え詳しく解説する。
・大規模な回路設計を可能にする64ビットOS向けSmartSpice 64
・アナログ・ビヘイビア言語Verilog-A
・LCDドライバ、電源、自動車、工業向けのIC用設計モデルHigh Voltage MOS
・シルバコ統合サービス・パッケージ プロセス・デザイン・キット(PDK)
1月27日(木) 第5会場 (DM3)  15:30 〜 16:15
高精度回路設計のためのシルバコ LPE ツール

天川 修平氏 (TCADシニア・アプリケーション・エンジニア、工学博士)
シルバコの LPE ツールを紹介し、 回路設計のアプローチと LPE の方向性を探る。
1月28日(金) 第5会場 (DM3)  13:30 〜 14:15
シルバコの新ライセンス「EDA OMNI License」を備えた統合アナログ/ミックスド・シグナル(AMS)デザイン・フロー
Dr. Ivan Pesic 氏 (社長兼CEO)
現在のAMSデザイン・フローは高価で、複数のベンダが関わっているため使用するのが難しい。また、ユーザがCADを統合しなければならず、ベンダからの継続的なサポートが必要と言われている。シルバコが今回紹介する「EDA OMNI License」は、完全かつ統合されたAMSツール・フローで、スケマティック・キャプチャ、ミックスド・シグナル・シミュレーション、レイアウトおよび物理検証が含まれている。シルバコの新たなライセンシング方式により、設計チームは、設計サイクルのどの段階でも、手頃な価格で最適な構成のツールにアクセスすることができる。
1月28日(金) 第1会場 (C11)  15:30 〜 16:15
SmartSpiceを用いたアナログ設計環境の改革
人見 九二男氏 (Mixed-Signalシニア・アプリケーション・エンジニア)
SmartSpiceの基本機能の紹介を中心に、以下4つのアドバンスド機能に実例を交え詳しく解説する。
・大規模な回路設計を可能にする64ビットOS向けSmartSpice 64
・アナログ・ビヘイビア言語Verilog-A
・LCDドライバ、電源、自動車、工業向けのIC用設計モデルHigh Voltage MOS
・シルバコ統合サービス・パッケージ プロセス・デザイン・キット(PDK)




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております