Electronic Design and Solution Fair 2005
 
キャッツ(株)

CATS Co., Ltd.
401
 
 
本社 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-11-5 川浅ビル


Kawaasa Bldg. 2-11-5, Shin-Yokohama, Kohoku-ku, Yokohama 222-0033, Japan
連絡先 ソフトウェア事業部 営業部
Software Div. Sales Dept.
TEL:(045)473-2816
FAX:(045)473-2673
E-mail:info@zipc.com
URL:http://www.zipc.com/
出展物紹介 システムLSI も上流設計の時代到来 ! 近年複雑化する SoC 設計を上流設計により解決。
[UML]→[SystemC 構造図]→[SystemC コード自動生成]→[検証] までをトータルサポートする『XModelink series』を紹介致します。
【XModelink SoC Modeler】
UML、SystemC構造図によりグラフィカルに設計を行い、SystemCソースコードを自動生成。
【XModelink SystemC Debugger】
SystemCは言語構文が複雑でバグの原因究明が困難。
この問題を解決する、ソースコードデバッグを効率良く行えます。
【XModelink Navigator】(参考出品)
SystemC 開発には欠かせない、ポート、チャネル、ポート接続、モジュールなど一覧表示、全ノード (sc_trace)自動生成、リント機能等をサポート。
出展者セミナー  
 
キャッツ(株)
1月27日(木) 第8会場 (E204)  11:30 〜 12:15
SystemC設計のソースコードデバッグによる開発効率改善
〜「XModelink SystemC Debugger」の紹介〜

塚田 雄一 氏 (ソフトウェア事業部 主任)
システムLSIの大規模及び複雑化により、SystemCによる設計が注目されています。
しかし、SystemCは言語構文が複雑でバグの原因究明が困難。また、波形観測により解決する事も可能であるが、デバッグ効率が著しく低下してしまうのが現状。
この問題を解決する為の、ソースコードデバッグを効率良く行える「XModelink SystemC Debugger」と有効な方法をご紹介します。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております