Electronic Design and Solution Fair 2005
 
サミット・デザイン・ジャパン(株)

Summit Design Japan Co., Ltd.
104
 
 
本社 〒101-0031
東京都千代田区東神田1-3-9 ニューアガタビル3F

1-3-9, Higashi-Kanda, Chiyodaku,Tokyo 101-0031, Japan
連絡先 営業部
Marketing division
TEL:(03)3862-2442
FAX:(03)3862-2440
E-mail:japan-info@sd.com
URL:http://www.sd.com/japan/
出展物紹介 サミットデザイン社は、普及期を迎えたSystemCベースの設計環境に対して、ハードウェア/ソフトウェア双方の指向を兼ね備えた統合設計ツールを提供します。
◆SystemC対応オブジェクトベース・デバッガ(新製品)
SystemCコードの入力からソースマネジメント、解析及び検証をシームレスに統合する新開発のSystemC設計ツール。SystemCオブジェクトベース・ブラウザとソースレベルデバッガ、トランザクション解析機能などを統合
◆System Design
状態遷移図、階層ブロック図などを扱えるSystemCグラフィカルエディタおよびデバッガ。SystemCからHDLへの変換機能などをサポート
◆System Architect
SystemCベース・パフォーマンス解析ツール。トークンベースの処理機構により高速な解析が可能
◆VisualElite
HDL統合設計ツール。SystemDesignと協調することによりSystemC-HDLコ・シミュレーションを簡単に実現
出展者セミナー  
 
サミット・デザイン・ジャパン(株)
1月27日(木) 第1会場 (C11)  15:30 〜 16:15
SystemC開発効率を飛躍的に向上させるオブジェクトベース設計手法
平川 聡氏 (マーケティング部)
フリーのシミュレータやソフトウェアデバッガだけではSystemCの統合された開発環境を構築することは非常に難しいのが現状です。サミットデザインでは、従来より実績の高いグラフィカルエントリに加え、SystemCとしてのデザイン構造を表示するオブジェクトベースのブラウザ、ソースレベルデバッガ、トランザクション解析機能などを新たに開発しました。本セッションでは、これらを用いた効率的なSystemC開発手法をご紹介いたします。
1月28日(金) 第8会場 (E204)  13:30 〜 14:15
SystemC開発効率を飛躍的に向上させるオブジェクトベース設計手法
平川 聡氏 (マーケティング部)
フリーのシミュレータやソフトウェアデバッガだけではSystemCの統合された開発環境を構築することは非常に難しいのが現状です。サミットデザインでは、従来より実績の高いグラフィカルエントリに加え、SystemCとしてのデザイン構造を表示するオブジェクトベースのブラウザ、ソースレベルデバッガ、トランザクション解析機能などを新たに開発しました。本セッションでは、これらを用いた効率的なSystemC開発手法をご紹介いたします。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております