Electronic Design and Solution Fair 2006
 
(株)日立インフォメーションテクノロジー
Hitachi Information Technology Co., Ltd.
402
 
 
本社 〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-3 大崎ニューシティ3号館(日精ビル)
連絡先 営業技術本部 テクノロジ営業部

TEL:(0465)81-8192
FAX:(0465)81-5034
E-mail:e-eigyou@hitachi-it.co.jp
URL:http://www.hitachi-it.co.jp
出展物紹介 日立ITは、LSI、FPGA、ボード、装置の仕様から製造までのワンストップ・サービスをお客さまにご提供しています。電子装置の高性能化・高機能化・小型化などの市場要求はLSIの複雑化・大規模化を招き、開発期間短縮、設計品質確保、コスト削減が重要な経営課題となっています。本展示では、これらの課題に対する、弊社ソリューションとして、先進のCレベル設計、IP、システム設計からプロトタイプに至るFPGA利用設計、タイミング検証・診断、ハード・ソフト協調検証、各種管理技法などを統合したLSI開発用設計プラットフォーム「EDIT」をベースに、数百万ゲートクラスのLSIを検証し再製作なしで開発する実績を多数持つ検証プラットフォーム「LogicBench」、カスタマイスが容易なIPコアをはじめ、LSI /FPGAの社内の豊富な経験を有す設計・検証エンジニアとのシナジー効果によるソリューションをご紹介します。
出展者セミナー  
 
(株)日立インフォメーションテクノロジー
1月26日(木) 第7会場 (DM6)  11:30 〜 12:15
JPEG2000コーデックIPコアを中心としたLSI開発ソリューション
金野 英俊氏 (デザイン&コンサルティング本部 画像処理設計部 IPコア開発グループ エンジニア)
JPEG2000コーデックIPコア等のIPコア活用によるLSI開発ソリューションを紹介する。JPEG2000コーデックIPコアをドライブレコーダに適用するソリューションでは、1フレーム画像毎に日時、位置、加速度データと一緒に圧縮格納するシステムを容易に開発することができる。さらにハイビジョン動画像システムへのJPEG2000コーデックIPコアの適用についても紹介する。
1月26日(木) 第7会場 (DM6)  12:30 〜 13:15
LSI開発をイノベートするプロトタイピングプラットフォーム「LogicBench」
山田 政浩氏 (EDS事業部 デザイン&コンサルティング本部 LogicBenchセンタ シニアスペシャリスト)
LogicBenchはスタッカブルなマルチFPGAモジュール、専用分割ツール、C/論理シミュレータとの連動ボードを備え、さらにC高位合成ツールやARM、SHプラットフォームとの連動も可能である。これにより大規模SoC対応のCレベル・システム設計からプロトまでのトータル開発環境が構築でき、システム開発の革新的期間短縮、品質向上、コスト削減が図れる。ここではLogicBenchを利用した設計・検証手法、周辺ツール/ボード、適用例などを紹介する。
1月27日(金) 第3会場 (DM1)  15:30 〜 16:15
LSI開発をイノベートする設計プラットフォーム「EDIT」
森脇 郁氏 (EDS事業部 デザイン&コンサルティング本部 シニアスペシャリスト)
電子装置の高性能・高機能化・小型化などの市場要求はLSIの複雑化・大規模化を招き、開発期間短縮と設計品質の確保、コスト削減が重要な経営課題となっている。これらの課題に対して先進のCレベル設計、IP利用設計、システム設計からハード・ソフト協調設計、プロトタイプに至るFPGA利用設計、タイミング検証・診断、各種管理技法など独自のツールとソリューションを統合した日立ITLSI設計プラットフォームを紹介する。
1月27日(金) 第2会場 (CM3)  16:30 〜 17:15
LSI開発をイノベートするプロトタイピングプラットフォーム「LogicBench」
山田 政浩氏 (EDS事業部 デザイン&コンサルティング本部 LogicBenchセンタ シニアスペシャリスト)
LogicBenchはスタッカブルなマルチFPGAモジュール、専用分割ツール、C/論理シミュレータとの連動ボードを備え、さらにC高位合成ツールやARM、SHプラットフォームとの連動も可能である。これにより大規模SoC対応のCレベル・システム設計からプロトまでのトータル開発環境が構築でき、システム開発の革新的期間短縮、品質向上、コスト削減が図れる。ここではLogicBenchを利用した設計・検証手法、周辺ツール/ボード、適用例などを紹介する。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております