Electronic Design and Solution Fair 2006
 
フォルテ・デザイン・システムズ(株)
Forte Design Systems K.K.,
504
 
 
本社 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-10
2-5-10, Shin-Yokohama, Kouhoku-ku, Yokohama-shi, Kanagawa-ken 222-0033, Japan
連絡先 営業部
Sales Div
TEL:(045)478-2268
FAX:(045)472-5517
E-mail:japan@forteds.com
URL:http://www.ForteDs.com
出展物紹介 近年、先端半導体およびシステムメーカーの設計プロジェクトにおいては、SystemC言語を使用した高位設計手法が採用され始めました。そこでは、第三世代動作合成技術として、Forte社の「Cynthesizer」が数多くの実績を上げています。また、その流れを加速させる技術の一つとしてTLM(トランザクション・レベル・モデリング)の確立と高速検証、更にそのモデルから動作合成技術により自動的にVerilogRTLを生成する手法が大きな注目を集めています。この度Forte社では、業界唯一、これらの設計フローを可能にする技術を確立し、V3.0より市場に導入を開始します。 ブースではCynthesizer v3.0のご紹介並びにデモ、また弊社ベンダーセッション(26日(木)午後1:30−2:15)では、大手半導体並びに、大手システムメーカーのエンジニアの方により、設計プロジェクトでの適用事例を紹介させて頂きます。
出展者セミナー  
 
フォルテ・デザイン・システムズ(株)
1月26日(木) 第10会場 (F202)  13:30 〜 14:15
What we are seeing from our customers using Cynthesizer in real designs
鈴木 隆、他お客様2名氏 (シニアアプリケーションエンジニア、他 )
Forte社の高位合成ツール、「Cynthesizer」は、業界最高技術を誇り、世界中のトップ半導体およびシステム機器ベンダ様で本格採用が始まりました。
本セッションでは、最新(2005年1月)リリース予定のTLM検証技術とリンクESL設計フローの簡単なご紹介、並びに先端半導体およびシステム機器メーカー様のエンジニアによるCynthesizerを使用した設計事例をご紹介します。(詳細は弊社WEBにて1月中旬発表予定)




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております