Electronic Design and Solution Fair 2006
 
マグマ・デザイン・オートメーション(株)
Magma Design Automation Co., Ltd.
902
 
 
本社 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-2 友泉新横浜ビル7F
7F Yusen Shin-Yokohama Bldg. 3-17-2 Shin-Yokohama, Kohoku-ku, Yokohama 222-0033, Japan
連絡先 三井田 純美子 マーケティング
Sumiko Miida Marketing
TEL:(045)470-9008
FAX:(045)470-7742
E-mail:miida@magma-da.com
URL:http://www.magma-da.co.jp
出展物紹介 なぜ、マグマ社製品が注目を集めているのか。マグマ社は、ナノメータ設計に対応した完全なRTL-to-GDSIIデザイン・フローをご提供しています。
現在の複雑な集積回路(IC)設計に対応したマグマ社の最先端ソフトウェアは、全体的な設計期間やコストを削減すると同時に、面積、タイミング、パワーを考慮し、最大限のQoR、生産性を実現します。
マグマ社ブースでは、DFM、消費電力問題をはじめとする、ナノメータ設計の様々な課題に対応している各ソリューションのデモをご案内いたします。
また、出展者セミナーでは、ルネサステクノロジ様から講師をお招きし、同社の設計成功事例をご案内いただきます。さらに、今注目を集めているSSTA(統計スタティック・タイミング解析)のプレゼンテーションも予定しております。
是非、マグマ社ブース、出展者セミナーにお立ち寄り頂き、マグマ社製品の優位性をご覧下さい。
出展者セミナー  
 
マグマ・デザイン・オートメーション(株)
1月26日(木) 第1会場 (C11)  14:30 〜 15:15
マグマ社がご提供する最新SSTA技術
Robert Jones氏 (Director of Strategic Marketing, Silicon Correlation Division / Magma Design Automation Inc. )
「従来のプロセス・バリエーション解析の不安を削減する」マグマ社のQuartz SSTA(統計スタティック・タイミング解析)は、設計のパラメータ歩留まりを制限するプロセス・バリエーションを明らかにするために必要な、新しい統計解析手法を提供します。このセッションでは、プロセスや環境の変化に対する敏感さをどのように解析し、減少させることができるかをご覧に入れます。
1月27日(金) 第1会場 (C11)  13:30 〜 14:15
High Reliability SH7261 Design with Magma RTL2GDSII Flow
矢田 直樹氏 (株ルネサステクノロジ / 汎用製品統括本部 マイコン事業部 マイコン第二部)
(株)ルネサステクノロジから講師をお招きし、条件の厳しい車載オーディオ用マイコン開発の成功事例をご紹介いたします。同社はマグマ社の最先端レイアウトとユーティリティ技術を使用し、フローの初期段階でタイミング収束性、配線性を正確に予測し、イタレーションを短縮しながら、自由度の高い高性能設計を実現しました。このセッションは、マグマ社製品の優位性をご理解頂く上で、皆様のご参考になると確信しております。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております