Electronic Design and Solution Fair 2006
 
(株)ソリトンシステムズ
SOLITON SYSTEMS K.K.
105
 
 
本社 〒160-0022
東京都新宿区新宿2-4-3
2-4-3 SHINJUKU SHINJUKU-KU TOKYO 160-0022 JAPAN
連絡先 LSI事業部
LSI Systems Operation
TEL:(03)5360-3851
FAX:(03)3356-6440
E-mail:information@lsi.soliton.co.jp
URL:http://soliton.co.jp/
出展物紹介 ◆ フロントエンド検証高速化ソリューション (Aldec社製)
・ 高速HDLシミュレータ「Active-HDL」「Riviera」は、高速シミュレーションエンジン、高機能デバッグ、テストベンチ作成機能などを搭載した製品です。HDL言語に加え、SystemVerilog/SystemC/各種アサーション言語等をサポート。
・ 大規模FPGA搭載PCIボードとHDLシミュレータの連携によるHWアクセラレーション環境「Riviera-IPT」
◆ Cベース高位合成ツール (Y Explorations 社製)
「eXCiteシリーズ」最新版による、Cプログラムから効果的なHW作成を実現する最新技術・設計手法に加え、FPGAボードを用いたソフトコアプロセッサの開発環境、HW/SWのパフォーマンス解析・分割検討方法事例を紹介します。クロック並列・Bit型など、HWを忠実に実現可能な拡張言語「HY-C」対応版も出展。
◆メモリコンパイラ開発ツール (Interra 社製)
強力なセル配置コマンドとライブラリビューの自動発生により、メモリコンパイラの開発工数が大幅に削減されます。従来のメモリ開発環境からの移行や、インスタンスベースの設計資産の継承がスムーズに行えます。◆フラクショナル-N・PLL (MOSAID 社製)
用途に応じて入出力周波数、てい倍数、ジッタ特性、消費電力などを最適化できます。広範囲な入出力周波数をカバーするので、複数のPLLを本製品ひとつに置き換え可能で、コストパフォーマンスに優れています。
◆高信頼性OTPメモリ (Novocell 社製)
ロジックプロセスで使用できるプロセススケーラブルなOTPメモリ技術です。書き込み電圧発生回路を内蔵するなど、書き込みメカニズムがビットセル完結構造をとっているため、高信頼性を確保しています。
◆「MaCS」(MicroArk社製)
 



 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております