Electronic Design and Solution Fair 2006
 
日本トランスEDA(株)
Nihon TransEDA KK
807
 
 
本社 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル1024
#1024 Silk Building, 1 Yamashita-cho, Naka-ku, Yokohama,
231-0023, Japan
連絡先 本社
HQ
TEL:(045)227-6201
FAX:(045)227-6202
E-mail:salesJapan@transeda.com
URL:http://www.transeda.com
出展物紹介 検証クロージャ管理として仕様書からRTL機能カバレッジ、コードカバレッジまでの総合ソリューションを提供します
□Assertain アサーション・カバレッジ
構造、ステップ、変数アサーションカバレッジ計測ツール
□VN-Spec 仕様書要件管理、インパクト解析
Word, PDFなどのスペックとRTL, シミュレーション結果より仕様カバレッジとインパクト解析を実行します
□imPROVE-HPK 標準プロトコル検証
OCP1.0/2.1, Sonics2.4, AXI/AHB用プロパティを備えたフォーマル検証ツール
□VN-Cover/Emulator/Coverability コードカバレッジ総合ソリューション
業界をリードするRTLコードカバレッジ解析ツール、エミュレータ向けカバレッジ、カバレッジ未達箇所をフォーマル技術により自動生成
出展者セミナー  
 
日本トランスEDA(株)
1月27日(金) 第2会場 (CM3)  13:30 〜 14:15
日本語仕様書カバレッジ、インパクト解析による検証進捗管理
兼平 靖夫氏 (代表取締役社長)
設計検証においては仕様書からの各種実装、テストが漏れなく行われているかを厳密に管理する必要があるが、文書である仕様書との関連は人海戦術で行われているのが現状です。仕様書から検証仕様、UML, RTL,シミュレーション結果、機能カバレッジ結果等を要件管理ツールと機能カバレッジツールとの連携により仕様書カバレッジ、インパクト解析などで定量的に管理し、自動レポート生成機能により検証効率を向上させます。




 



日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております