Electronic Design and Solution Fair 2007
 
カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
Carbon Design Systems Japan K.K.
509
 
 
所在地 〒104-0031
東京都中央区京橋1-17-1昭美京橋第2ビル7F
Akiyoshi 2-Building 7F 1-17-1, Kyobashi, Chuo-ku,Tokyo 104-0031, Japan
連絡先
TEL:03-5524-1288
FAX:03-5524-1290
E-mail:carbonjapan@carbondesignsystems.co.jp
URL:http://www.carbondesignsystems.co.jp
出展物紹介 カーボン・デザイン・システムズ社の提供する
VSP(Virtual System Prototype(tm))は、Verilog/VHDLのRTLから高速なシミュレーションモデルを生成します。VSPは、小規模だけでなく数Mゲートクラスの大規模論理に適しており、C/C++, SystemC, TLM等のテストベンチとの親和性に優れています。
SOC-VSP(tm) では、VSP技術をARM社Realview SOC Designer(tm)に統合し、HW/SW協調検証を加速します。SOC-VSPのReplay技術は、HW/SW協調検証のデバッグ効率を飛躍的に向上させる画期的な技術です。
弊社からは、VSP、SOC-VSPがもたらすSOC開発の加速効果について出展致します。
出展者セミナー  
カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
1月25日(木) DM5  13:30 〜 14:15
SOC開発の最速ESLソリューション
大石 敏久氏 (アプリケーションエンジニアグループ 
ディレクター
VSP(tm)は、Verilog/VHDLのRTLから高速なシミュレーションモデルを生成します。VSP技術をARM社Realview SOC Designer(tm)に統合することでHW/SW協調検証が飛躍的に加速します。また、SOC-VSPのReplay技術は、協調検証のデバッグTAT効率を飛躍的に短縮する画期的な技術です。
セミナーでは、VSP、SOC-VSPがもたらす高速SOC検証環境について講演致します。
1月26日(金) DM2  13:30 〜 14:15
SOC開発の最速ESLソリューション
大石 敏久氏 (アプリケーションエンジニアグループ 
ディレクター
VSP(tm)は、Verilog/VHDLのRTLから高速なシミュレーションモデルを生成します。VSP技術をARM社Realview SOC Designer(tm)に統合することでHW/SW協調検証が飛躍的に加速します。また、SOC-VSPのReplay技術は、協調検証のデバッグTAT効率を飛躍的に短縮する画期的な技術です。
セミナーでは、VSP、SOC-VSPがもたらす高速SOC検証環境について講演致します。


   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております