Electronic Design and Solution Fair 2007
 
(株)キー・ブリッジ
KeyBridge, Inc.
502
 
 
所在地 〒665-0842
兵庫県宝塚市川面6-9-16
6-9-16 Kawamo, Takarazuka-shi, Hyogo, 665-0842
連絡先 東京営業所
151-0053
東京都渋谷区代々木1-14-11
Tokyo Office
1-14-11 Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo, 151-0053
TEL:03-5304-2591
FAX:03-5304-2490
E-mail:okuda@keybridge.co.jp
URL:http://www.keybridge.co.jp
出展物紹介 お客様とベンダーとの架け橋、株式会社キー・ブリッジでは今年も下記の製品を出展します。

Analog Bits社
アナログIP
Apache Design Solutions社
Power Integrity解析ツール 「RedHawk」
Azuro社
クロックライン最適化ツール 「Power Centric」
Sabio Labs社 
アナログ回路オプチマイゼーションツール
Sandwork Design社 
回路シミュレータデバッギングツール 
「SPICE Explorer」
Zenasis Technologies社 
クリティカルパス最適化ツール 「Zentime」
出展者セミナー  
(株)キー・ブリッジ
1月26日(金) DM5  14:30 〜 15:15
Sandwork Design社製
回路シミュレータデバッギングツール
SPICE Explorerの概要

Wu-Yi Chin氏 (Sandwork Design, Inc.
VP Operations)
発売以来、世界中のアナログ回路デザイナーに絶大なご支持を頂いているSPICE Explorer。新製品のSPICE Checkを含めて、概要を適用事例の紹介を含めてご案内します。
1月26日(金) DM5  15:30 〜 16:15
Azuro社製
クロックツリー最適化ツール
Power Centricの概要

Ashutosh Mauskar氏 (Azuro, Inc
VP Product Marketing)
Azuro社製PowerCentricは、65nmプロセス以降の先進的で多様なデザインフローにおいて低消費電力のソリューションを提供します。
PowerCentricは、デジタルASIC設計における従来のクロックツリーシンセシス手法(CTS)を完全に置き換え、「Clock Gate Synthesis」と「Clock Tree Buffering」を統合する最適化エンジンの採用により、現在の業界標準低消費電力設計フローに加えてさらなる低消費電力を実現します。
セミナーではPowerCentricの概要を紹介します。

   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております