Electronic Design and Solution Fair 2007
 
サイバーテック(有)
CyberTec Ltd.
310
 
 
所在地 〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央50番17号
C・M Port 5階
CM Port 5F 50-17 Chigasaki-chuo, Tsuzuki-ku
Yokohama, Kanagawa 224-0032
連絡先 営業部
Sales Department
TEL:045-945-3690
FAX:045-945-3680
E-mail:EDSF2007@cyber-tec.co.jp
URL:http://www.cyber-tec.co.jp
出展物紹介 サイバーテックは設立から10年間最新の機能検証技術を提供し、お客様の抱える問題を解決して参りました。
いち早くランダム検証やカバレッジドリブン検証を取り入れ、検証の網羅性を高めることを提唱してきましたが、更に確実な検証を行うためにフォーマル手法の併用を提案します。
機能検証のみならず設計の早い段階からフォーマル手法を取り入れることが、設計の品質を向上しトータルの開発期間を短縮する重要なポイントです。
今回ご紹介するJasper Design Automation社のフォーマル検証ツールJasperGoldは、RTLコーディング開始時のバグハンティングからブロックレベルの完全検証まで適用できる豊富な機能と優れた能力を持っています。
出展者セミナーでは、様々な設計・検証フェーズにおけるフォーマル手法の効果的な適用方法を紹介します。
展示ブースでは、その適用に役立つJasperGoldの機能をご覧いただけます。
出展者セミナー  
サイバーテック(有)
1月25日(木) F201  10:30 〜 11:15
フォーマル検証の最新技術動向
後藤 敏氏 (早稲田大学 大学院情報生産システム研究科 教授)
システムLSIの開発において、機能・論理検証に費やす期間が、全体の70%以上に達するといわれており、いかに網羅性の高い検証を短期間に行うかが大きな課題となっている。
従来のシミュレーション手法に代わり、PSLやSVAを使ったアサーションベース検証手法やハイレベルな完全フォーマル検証など新しい技術や製品が出てきている。
本セミナーでは、これらの技術に加え、さらに最新のフォーマル検証技術動向についても紹介する。
1月25日(木) E206  11:30 〜 12:15
ここまでできる! フォーマル検証
野々下 博氏 (サイバーテック 技術部)
最近のフォーマル検証技術の進歩によりRTL設計や機能検証におけるフォーマル検証ツールの適用範囲が広がっています。設計の初期段階における動作確認からエンド・ツー・エンドのブロック検証まで様々な局面でフォーマル検証ツールを使用することが出来るようになりました。
本セミナーでは、JasperGoldを使ってどのようなことが出来るのか、実用的な事例を示しながら幅広い使い方を紹介します。
1月26日(金) E204  10:30 〜 11:15
どういうところにフォーマル検証が使えるの
野々下 博氏 (サイバーテック 技術部)
フォーマル検証ツールを導入したいが、どこにどの様に適応すれば良いのか分からない…これまでフォーマル検証ツールは使ってみたが、制限が多くうまく使えない
という声をよく聞きます。しかし技術の進歩や新しい適用モデルにより、アサーション検証だけではなく、テストベンチもテストベクタも要らないRTL記述の動作確認にも適用可能になりました。
本セミナーでは、フォーマル検証ツールの様々な応用や適用事例を紹介します。

   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております