Electronic Design and Solution Fair 2007
 
株式会社シルバコ・ジャパン
SILVACO Japan Co.,Ltd.
106
 
 
所在地 〒244-0801
神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2三宅ビル4F
MIYAKE Bldg4F,
549-2 Shinano-cho, Totsuka-ku, Yokohama Japan
連絡先 株式会社シルバコ・ジャパン/営業部
SILVACO Japan Co.,Ltd.
Sales Department
TEL:045-820-3000
FAX:045-820-3005
E-mail:jpsales@silvaco.com
URL:http://www.silvaco.co.jp
出展物紹介 設計TAT短縮の切り札としてデザインハウスに急速に受け入れられているPDK:Process Design Kitをベースとしたフロントからバックエンドに至るEDAツール群を出展いたします。
◆SmartSpice :アナログ回路シミュレータ
◆SmartSpiceRF :ハーモニックバランスRF回路シミュレータ
◆Harmony :アナログ・デジタル混在シミュレータ
◆Gateway :回路図エディタ
◆SILOS :Verilog論理シミュレータ
◆Expert :レイアウトエディタ
◆Guardian :DRC/LVS/LPE検証ツール
◆EXACT :配線容量データベース
◆CLEVER :3次元寄生素子抽出ツール
◆QUEST :3次元RLCG抽出ツール
◆STELLAR :スタンダードセル寄生素子抽出ツール
◆HIPEX :配線RC寄生素子抽出ツール
◆UTMOST :SPICEパラメータ抽出
◆AccuCell :セル・キャラクタライズ
◆AccuCore :ブロック・キャラクタライズ
◆TCAD :プロセス/デバイスシミュレータ
出展者セミナー  
株式会社シルバコ・ジャパン
1月25日(木) DM3  13:30 〜 14:15
シルバコの提供するSimucad社の高精度な寄生素子抽出ツール
桑垣 武司氏 (技術部 シニア・アプリケーション・エンジニア)
CLEVERは、製造プロセスに起因する非矩形の配線形状を再現して、3D電界ソルバを実行し、配線寄生容量・抵抗を抽出します。STELLAR は、より大規模なデザインを取り扱うことができる3D電界ソルバを搭載しており、数万素子レベルのデザインに対応します。HIPEXでは、レイアウト・ベースの寄生素子抽出を実現しています。CLEVER、STELLARに比べて非常に高速であり、フルチップ・レベルの寄生素子を含んだ SPICE/DSPFを出力します。
1月25日(木) DM3  14:30 〜 15:15
AccuCellによる高精度のセル・キャラクタライゼーションとAccuCoreによるトランジスタ・レベルのスタティック・タイミング解析
樫村 薫氏 (技術部 シニア・アプリケーション・エンジニア)
AccuCellは、条件の設定が容易なセル・キャラクタライゼーション・ツールです。SmartSpiceの優れた機能により、高精度の結果を実現します。AccuCoreは、STAが内蔵されたブロック・キャラクタライゼーション・ツールです。大規模回路をクラスタに自動分割し、SPICEレベルの高精度キャラクタライゼーションを可能にします。トランジスタ/ゲート・レベルのブロック回路においてSTAを使用しタイミングのボトルネックを解析します。
1月26日(金) DM3  11:30 〜 12:15
SIMUCAD PDK開発・サポート
Koichi Okashita氏 (Director of PDK Development/Simucad Design Automation,Inc.)
ファブレス設計ハウスは現在、あらゆるファウンドリに対応し、品質が実証され、フロントエンドからバックエンドまでの設計フロー全体に対応し、FSAに準拠し、迅速なアップグレードとメンテナンスを実現する高品質のPDKの提供を、EDAソフトウェア・ベンダに求めています。Simucad社は、これらの要求をすべて満たす世界有数のPDKサプライヤとして高品質のPDKを提供しています。
1月26日(金) DM3  13:30 〜 14:15
アナログ/ミックスド・シグナル・シミュレーションのための高精度のソリューション
人見 九二男氏 (技術部 シニア・アプリケーション・エンジニア)
SmartSpiceとHarmonyは、マルチスレッド・ソルバにより他社比で8〜12倍の処理速度を達成します。
また、新デバイス・モデル・ライブラリのWeb対応により、モデルの即時アップデートが可能です。
さらに、HSPICE、Spectre、Eldo、HSIMとの互換性を持ち、マルチスレッド、64ビット対応、Gatewayスケマティック・キャプチャとの統合により、大規模回路の高速シミュレーションを実現する最善のソリューションです。
1月26日(金) DM3  14:30 〜 15:15
UTMOST IV 最適化モジュール - SPICEモデル・パラメータ抽出のための最新鋭モジュール
Dr. Ivan Pesic氏 (代表取締役社長)
UTMOST IVは、柔軟なデータ管理のためにBorland 64ビットFirebirdデータベース上に構築され、特別設計のAPIによるSmartSpiceとのインタフェースで超高速最適化を実現します。
7種類のオプティマイザ(3種類はジェネリック)が提供する
自動化環境では、モデル・パラメータ抽出の工数が数日から数時間に短縮され、マクロ・モデリング、Sパラメータ最適化が容易、かつ高速となります。

プレスリリース ・STARCとSimucad D.A.がスターシャトル用デザイン・キットにHiSIM モデルを追加(2007/1/23)
   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております