Electronic Design and Solution Fair 2007
 
日本アルテラ(株)
Altera Japan, Ltd.
108
 
 
所在地 〒163-1332
東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー32F
Shinjuku i-Land Tower 32F
6-5-1 Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku
Tokyo 163-1332
連絡先 マーケティング部
Marketing
TEL:03-3340-9480
FAX:03-3340-9487
E-mail:japan@altera.com
URL:http://www.altera.co.jp
出展物紹介 ストラクチャードASICから撤退する企業がある中、アルテラのHardCopyストラクチャードASICを採用したシステム開発は増加を続けています。これは、ASICを活用したシステム開発を、最も低いリスク、最高の設計生産性、最も低いトータル・コストで提供するアルテラ独自のデザイン・メソドロジーに対する評価の高まりと言えるでしょう。
アルテラは、ブースでの展示と出展社セミナーを通して、最高集積・高性能 StratixシリーズFPGAによる迅速なプロトタイピングから、HardCopyシリーズを用いた量産へのリスク無い移行を実現する開発フローを中心に設計生産性と性能向上に欠かせないソリューション群を多数ご紹介します。FPGAとストラクチャードASICの両方を提供する唯一の半導体メーカである、アルテラだからこそ実現できるユーザー視点のデザイン・メソドロジーを、ぜひ再度ご確認ください。 
出展者セミナー  
日本アルテラ(株)
1月25日(木) E204  14:30 〜 15:15
ストラクチャードASICの幻想、衰退、そして未来
〜 ユーザー視点のメソドロジーは存在するか? 〜 

堀内 伸郎氏 (マーケティング・ディレクター)
ストラクチャードASICのメリットとは何で、誰のためのものだったのでしょうか? ストラクチャードASICは衰退するのでしょうか?ユーザーの立場で本当に重要なことを解決しないものは発展できません。アルテラはユーザーの利益につながるメソドロジーを提供します。それは何か? ストラクチャードASICは今後どうなるのか? そしてアルテラはFPGAオンリーに戻るのか? このセッションで答えを探してみてください。
1月26日(金) E204  16:30 〜 17:15
ストラクチャードASICの幻想、衰退、そして未来
〜 ユーザー視点のメソドロジーは存在するか? 〜 

堀内 伸郎氏 (マーケティング・ディレクター)
ストラクチャードASICのメリットとは何で、誰のためのものだったのでしょうか? ストラクチャードASICは衰退するのでしょうか?ユーザーの立場で本当に重要なことを解決しないものは発展できません。アルテラはユーザーの利益につながるメソドロジーを提供します。それは何か? ストラクチャードASICは今後どうなるのか? そしてアルテラはFPGAオンリーに戻るのか? このセッションで答えを探してみてください。

プレスリリース ・三洋電機、アルテラのHardCopy ストラクチャードASICを受賞歴のあるホームシアター・プロジェクタに採用(2007/1/9)
   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております