Electronic Design and Solution Fair 2007
 
日本ノーベル(株)
JAPAN NOVEL CORPORATION
311
 
 
所在地 〒114-0002
東京都北区王子2-30-2
2-30-2, Oji, Kita-ku, Tokyo
連絡先 アドバンスト・クォリティ事業部
Advanced Quality Department
TEL:03-3927-8801
FAX:03-3927-8802
E-mail:yo_sugi@jnovel.co.jp
URL:http://www.jnovel.co.jp
出展物紹介 増々大規模化していく組込み機器を、最適なアーキテクチャで早期に開発するためには、SWはC言語で記述し、HWはアプリケーションに特化したアーキテクチャにするのが有効です。アーキテクチャの探索を柔軟に行うためには、高品質でありしかも専用命令の組み込みが可能なCコンパイラが迅速に用意される必要があります。
またDSPを使用する場合、C言語で記述したソースをそのまま処理するコンパイラがあれば有効です。ACE社の「CoSyコンパイラ開発システム」を用いると、上記の課題を解決する高品質なCコンパイラが迅速に開発出来ます。さらにSIMD、VLIW、マルチプロセッサ等の先端技術を駆使したアーキテクチャーを持つCPUのコンパイラ開発も迅速に行えます。特にあるアーキテクチャを継続的に発展させていく場合、ソフトとハードのバランスをCoSyを使って最適化することが出来ます。CoSyは費用対効果の高いソフトウェアですので、お客様のビジネスの発展に貢献致します。
出展者セミナー  
日本ノーベル(株)
1月26日(金) DM1  10:30 〜 11:15
CoSyコンパイラ開発システムを用いたヘテロジニアス・マルチコア・プロセッサシステムの開発手法

Marco Roodzant/Dr. Bart Kienhuis/井手野雅明氏 (Marco Roodzant/VP., ACE Associated Compiler Experts
Dr. Bart Kienhuis/Assistant Prof., Leiden Univ.
井手野雅明/シニア・マネージャ、コーウェア蝓
セミナーは以下の3部で構成されます。

1.カスタムCPU命令を最適化処理するCコンパイラの生成 - CoSy Compiler 開発システム   
(講師: Marco Roodzant, VP, Sales& Marketing, ACE)
ヘテロジニアス・マルチコア・プロセッサはアプリケーション用に最適化されたカスタム命令を持つCPUで構成されます。 CoSy Compiler 開発システムを用いるとカスタム命令を持つCPU用に最適化処理するCコンパイラの生成が可能です。

2.ストリームデータ処理に適したヘテロジニアス・マルチプロセッサ・システムの開発 - Compaan Compiler   
(講師: Dr ir. A.C.J. (Bart) Kienhuis, Assistant Professor, Computer Systems Group, ライデン大学(オランダ))
マルチメディアに代表されるストリームデータ処理に適したマルチプロセッサシステムをMatlab, C等の高位プログラミング言語記述から開発する Compaan Compilerについて解説致します。 CoSyシステムは Compaan Compilerの基幹システムとして用いられています。

3.マルチプロセッサシステムに適したプロセッサコアの統合開発環境 - Processor Designer
(講師: 井手野 雅明、シニアマネージャ, テクニカルマーケティング グループ, コーウェア株式会社)
命令セットおよびプロセッサアーキテクチャを最適化することで、マルチプロセッサシステムに適した省電力(省ゲート)なプロセッサコアを実現します。 更にISSやRTLの生成だけでなく、SW開発ツール (C コンパイラ、アセンブラ、リンカ、デバッガ)の生成も可能です。 このセッションではこれらASIP ( Application Specific Instruction Processor )を実現する統合開発環境である ”Processor Designer”について解説致します。 CoSyシステムは Processor Designerにおける Cコンパイラ生成システムとして用いられています。

   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております