ホーム » プレスルーム

プレスリリース

Beceem社、ICインプリメンテーションにマグマ社のBlast製品を利用し、Blast Yield、Quartz RC、Quartz Timeを採用(2006/12/18)

サインオフとDFMをデザインフローに統合することにより、最先端プロセスの実装で生産性とQoRを向上


米国カリフォルニア州サンタクララ(2006年12月18日)---半導体設計ソフトウェアのプロバイダである米国マグマ・デザイン・オートメーション社(以下、「マグマ社」)(NASDAQ:LAVA)は本日、Mobile WiMAX技術用チップセットの有数プロバイダであるBeceem Communications社が、マグマ社製ソフトウェアの使用を拡張したことを発表しました。長年のユーザであるBeceem Communications社は、Blast Create™、Blast Fusion®、Blast Plan™ Pro、Blast Power™、Blast Noise®を含む、マグマ社のICインプリメンテーション製品群であるBlastシリーズのフルセットを使用しています。また、Beceem Communications社は、TSMC社の業界最先端プロセスを対象にした設計用のマニュファクチャビリティ、歩留まり拡張ソリューションであるBlast Yield™ TX、タイミング、ノイズのサインオフ検証製品Quartz™ Time、サインオフ寄生抽出Quartz RCを、あらたにフローに追加しました。Quartz TimeとQuartz RCは、マグマ社のSign-off-in-the-Loop™フローの重要コンポネンツです。この統合されたインプリメンテーション、DFM、サインオフ・システムにより、Beceem Communications社は設計者の生産性と結果品質(QoR)を向上させることができます。

Beceem Communications社はマグマ社のソフトウェアを使用しており、複雑かつ高度に統合された低消費電力Mobile WiMAX ICのテープアウトに成功を収めています。このICは、シングル・チップにPHY、MAC機能を統合し、高性能、小面積、低消費電力を提供しています。マグマ社のソフトウェアを使用し、Beceem Communications社は従来のポイントツール・フローと比較して30パーセントも速く実装、サインオフを行い、電力と面積を大幅に削減することができました。

Beceem Communications社、ASIC Engineeringのバイスプレジデント、Sunny Padacheril 氏は次のように述べています。「Beceem社のワイヤレス技術は、フェーディング、マルチパス、ドップラー・シフトに対する優れた抵抗を提供すると同時に、従来のスペクトル効率のスレッショルドを上回っています。IC面積や電力を削減すると同時にこのような機能を提供するということは、大きな挑戦でした。密接に統合されたマグマ社製システムは、タイミング、面積電力、ノイズを同時に最適化し、優れた結果を実現してくれました。また、フローに統合されたDFMとサインオフ機能は、TATを削減し、最終的には開発コストを削減してくれました。」

マグマ社、デザイン・インプリメンテーション・ビジネスユニットのジェネラル・マネージャ、Kam Kittrellは次のように述べています。「マグマ社のICインプリメンテーション・ソフトウェアを利用し、弊社のSign-off-in-the-Loop技術を導入するというBeceem社の決定は、マグマ社の市場における勢いを表しています。マグマ社製ソフトウェアの機能が、複雑かつ高度に統合された設計の要求に応えることができ、Beceem社が成功を収められたことを非常に喜んでいます。」

Blast Yield TXについて
Blast Yield TXは、TSMC社の業界最先端プロセスを対象にした設計のための、ファウンダリ品質のマニュファクチャビリティ、歩留まり拡張ソリューションです。Blast Yield TXは、設計者のデスクトップにファウンダリ精度のDFMをもたらすTSMC DFM Data Kitをサポートしています。Blast Yield TXを使うことにより、マグマ社ユーザは、タイミング、面積、消費電力、ノイズを同時に最適化すると同時に、マニュファクチャビリティや歩留まりを向上させることができます。このTSMC認定DFMフローは、ランダム、システマティック双方の歩留まり損失に対応し、プロセスのばらつきを管理することによりシリコンに対する密接なコリレーションを提供します。内蔵されたDFM コンプライアンス・チェックは、TSMC社内製ツールとコリレートし、ハンドオフを簡易化します。

Sign-off in the Loopについて
Quartz RCとQuartz Timeは、Blast Fusionをタイミング、ノイズ対応内蔵型IC設計サインオフ・システムに拡張します。最先端ジオメトリにおけるより高速なフローという顧客の要求に対応すべく開発されたSign-off in the Loopは、外部とのサインオフ・イタレーションを削減し、コレクト・バイ・コンストラクション結果を提供し、単なる確認のためのサインオフを削減します。

Quartz RCは、サインオフ品質の寄生抽出製品で、業界の寄生抽出のゴールド・スタンダードとして知られているQuickCap®に密接に関連した精度を提供します。Quartz RCはBlast Fusionフロー内でアクセスすることができ、また、ASIC設計者は業界標準のLEF/DEFインプットで単独システムとしても使うことができます。

Quartz Timeは、高精度なタイミング、ノイズの解析およびサインオフ、マルチモード、マルチコーナ解析を提供します。Quartz Timeは、ナノメータ・プロセスで生じる複雑なタイミング問題に対応するように設計されました。Quartz Timeは、マルチボルテージ設計や電圧降下による遅延のタイミング影響の解析をサポートすると同時に、エンハンスト電源モデル(ECSM)サポートをはじめとする最先端タイミング機能を提供します。Blast Fusion QTやBlast Noiseと解析エンジンを共有することにより、Quartz TimeはBlast Fusion QTの内蔵サインオフ・システムを完全に補完し、ASIC設計者の独立したサインオフ検証フローに対してもサポートするように拡張しています。

マグマ社について
マグマ社のIC設計用ソフトウェアは、半導体技術の最高峰として評価されています。世界有数のチップ企業各社がマグマ社製EDA製品を使用し、通信、コンピュータ、コンシューマ・エレクトロニクス、ネットワーク・アプリケーション用の複雑かつ高性能な集積回路(IC)を、設計期間やコストを削減すると同時に、設計、検証しています。マグマ社は、ICインプリメンテーション、解析、物理検証、キャラクタライゼーションおよびプログラマブル・ロジックデザイン用のソフトウェアを提供しており、同社の統合されたRTL-to-GDSIIデザインフローは、”The Fastest Path from RTL to Silicon”™を実現します。マグマ社はカリフォルニア州サンタクララに本社を、また世界中に支店を置いています。同社は、NASDAQ(チッカー・シンボルLAVA)で株式公開されています。米国マグマ・デザイン・オートメーション社のWebサイトhttp://www.magma-da.com/をご参照ください。


Blast Fusion、Blast Noise、Magmaは、米国マグマ・デザイン・オートメーション社の登録商標です。 Blast Create、Blast Plan、Blast Power、Blast Yield、Quartz、Sign-off in the Loop、 “The Fastest Path from RTL to Silicon”は米国マグマ・デザイン・オートメーション社の商標です。その他すべての製品名および企業名は、それぞれの企業の商標および登録商標です。


今後の見通しに関する記述:
ここに含まれる歴史的な情報を除いて、本プレスリリース中の記載事項は、1995年の米国私慕証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)に定義されるセーフ・ハーバー(safe harbor)条項に準拠します。今後の見通しに関する記述には、マグマ社のソフトウェアが設計者の生産性、消費電力、TATを改善し、コストを削減するという記述、マグマ社製ソフトウェアの機能やメリットに関する記述、Beceem社のマグマ社製ソフトウェアを使用して今後の設計を実装するという計画があります。これらの記述は、マグマ社の現在の期待と実際の結果が著しく異なる可能性があるリスク及び不確実性を伴います。このような結果を引起す可能性がある要因として、マグマ社の急速に変化する技術に対する対応能力、同社製品の期待される結果を提供する能力が、Beceem社の今後もマグマ社せいソフトウェアを使用し続けるという決定がありますが、これらに限られるものではありません。潜在的リスク要因に関する詳細については、マグマ社が米国証券取引委員会(www.sec.gov)に提出した公式書類に記述しています。マグマ社は、今後の見通しに関する記述を更新するいかなる責任、義務も負いません。