ホーム » プレスルーム

プレスリリース

DenaliがMLC ベースのNAND型フラッシュメモリ対応Flashソリューションを発表(2006/12/20)

Databahnフラッシュ・メモリ・コントローラIPとSpectraフラッシュ・メモリ管理ソフトウエアの組み合わせでSoC向けの包括的なソリューションが実現

カリフォルニア州パロアルト発 (2006年12月18日)。電子設計オートメーション (EDA) ソフトウエアとIP (知的財産権を持つ電子回路) の世界的有力プロバイダであるDenali Software, Inc.は本日、Databahn™ フラッシュ・メモリ・コントローラIPを発表しました。この新しいフラッシュ・メモリ・コントローラでは、大容量マルチレベル・セル (MLC) と従来のシングルレベル・セル (SLC) の両方のNAND型フラッシュ・メモリがサポートされています。データ整合性を確保するための画期的なマルチビット・エラー訂正コード (ECC) アルゴリズムと、最適な消耗均等化アルゴリズム、停電時の復旧、不良ブロック管理を実現するフラッシュ・メモリ管理ソフトウエアによって、Databahnフラッシュ・メモリ・コントローラIPは、複数のメモリ・ベンダによる広範なNAND型フラッシュ・メモリ・デバイスとのインターフェイスを必要とするシステムオンチップ (SoC) のための包括的なソリューションを提供します。
NAND型フラッシュ・メモリは、MP3プレーヤー、高機能携帯電話機、デジタル・カメラ、そして最近ではSSD (Solid State Driver) などの成長著しいコンシューマ・エレクトロニクス・デバイスのストレージ・メディアとしての採用が広がりつつあります。Denaliが提供している包括的なハードウエア/ソフトウエア・レベル・システム・ソリューションは、組み込み時間を短縮し、SoC開発者が求める性能と信頼性を向上させます。
「コンシューマ・エレクトロニクス・デバイスで必要とされる容量は増加の一途をたどり、大容量のMLC NAND型デバイスへの移行が進む中、データ保持および信頼性、システム性能といった問題が深刻となっています。当社のDatabahnフラッシュ・メモリ・コントローラIPは、その独自のシステムレベルのソフトウエア/ハードウエア・ソリューション、革新的なECCアルゴリズム、広範なデバイスおよびベンダ・サポート、最先端デバイス機能のサポートにより、競合他社の追従を許さないNAND型フラッシュ・メモリ・コントローラ・ソリューションを提供します。」と、Denali Softwareのビジネス開発フラッシュ・メモリ部門のシニア・ディレクターのRobert Pierceは述べています。
有力メモリ・ベンダとの緊密なパートナーシップの結果、DenaliのDatabahnフラッシュ・メモリ・コントローラIPでは、マルチプレーンおよびキャッシュ・リード/ライトコマンドなどのすべての最先端機能をサポートできるようになりました。SLCおよびMLC NAND型フラッシュ・メモリ・デバイスにおけるデータ整合性に確実に対応するためのいくつかのマルチビットECCオプションも提供しています。また、人気のあるSoCプロセッサ・アーキテクチャおよび処理システムの包括的なサポートもすぐに利用できる形で提供しています。

Databahnフラッシュ・メモリ・コントローラIPについて
Databahnフラッシュ・メモリ・コントローラIPは、NAND型およびOneNAND型フラッシュ・メモリ・システムを開発するために最適化されたソリューションです。そのアーキテクチャは、シリコン領域、性能、消費電力、デバイス・アーキテクチャなどのさまざまな要件に対応できるよう完全に構成可能となっています。


お問合せ先
デナリソフトウエア株式会社
マーケティング部
marketing@denalisoft.co.jp