ホーム » コンファレンス情報 » IPフリーマーケット

第15回 FPGA/PLD Design Conference

IP(Intellectual Property)フリーマーケットin EDSFair

IPベンダーやベンチャーが開発した商用IP、大学や研究室にころがっているIP(掘り出しものIP)などあらゆる設計者が開発したIPを探してみませんか?

プレゼンテーション
日時 1月24日(木) 15:30〜17:00
場所 アネックスホールF202 (会場図はこちら)
聴講 無料
ポスター展示
場所 展示会場内 [小間番号706]
TCP/IPオフロードエンジン
茂木 久利 氏 [(株)沖ネットワークエルエスアイ]
ホストCPUの負荷を軽減し、システムの低消費電力化を実現するハードウェアIPです。
  • TCP/IPスタックを構成するために必要な機能を搭載したハードウェアIP
  • QoSが要求されるアプリケーションに最適な低レイテンシーを実現
  • 組込みプロセッサのソフトウェア処理に比べ、TCP/IPプロトコル処理の消費電力を1/10〜1/100に低減
  • コンパクトな回路でTCP/IP機能を構成しており、低コストでTOEを実現可能
2Dシューティングゲーム向けIPライブラリ SSTGL1
すすたわり 氏、一石 氏 [SUSUBOX Project]
本ライブラリは同じSUSUBOX内のインターフェース回路を組み合わせた上位ライブラリです。最新のIPは修正版BSDライセンスで、http://www.susubox.org/ よりダウンロード可能(の予定)です。全てのIPは回路図で記述されており、データシート、VHDL/Verilog HDLからのインスタンシエート・コードなども整備しているため、回路の動作からドキュメントの読み方、IPコアの使い方などの学習にも適しています。
RiBiPを利用したジョイントボックス
森 節朗 氏、八幡 和彦 氏、田中 基夫 氏 [(株)リブ技術研究所(2008年1月設立予定)]
RiB(Remote Interface Bus)の機能を継承した、通信にCPUを必要としない、トークン制御によるシリアルバスにバス上の任意のピット間の接続を可能とする機能を与えた高機能な信号の集配信システムのIPです。
電子割符IP
保倉 豊 氏 【グローバルフレンドシップ(株)】(アルゴリズム開発)
山田 和也 氏【ジェネシス・テクノロジー(株)】(IP開発)

電子割符IPには、以下の特長があります。
(1)GFI電子割符をハードウェアにより高速化を実現
(2)機密性/簡易性/安全性を保証
・割符の一部が漏洩しても、その割符から原本が特定できない。
・割符データから復元されたデータは、必ず原本に戻る。
・たとえ1bitでも割符データが改変されると原本に復元しない。
(3)情報分散による最高度の秘匿性
(4)改ざん不可能、原本保証と証明
(5)割符照合による認証手法として対応可能
(6)ハードウェアによる分散復元、乱数生成、代表値エンジン搭載による高速処理