Electronic Design and Solution Fair 2008
 
日本セロックシカ(株)
Celoxica Japan K.K.
304
 
 
所在地 〒240-0005
神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134
YBPウエストタワー11F
YBP West Tower 11F, 134 Godo-cho, Hodogaya-ku,
Yokohama, Kanagawa 240-0005
連絡先
TEL:045-331-0218
FAX:045-331-0433
E-mail:sales.japan@celoxica.com
URL:http://www.celoxica.co.jp
出展物紹介 セロックシカは、ESL(Electronic System Level)設計をリードする企業として、多くのユーザ様から採用いただいております。ソフトウェアをシリコンに実装するための高性能なツール、ボード、IPとサービスをご提供することにより、次世代の先端エレクトロニクス製品に対応した設計手法へと導きます。さらに、設計の抽象度をアルゴリズム・レベルに引き上げ、Cベースのソフトウェア記述から、ハードウェアを直接生成することにより、製品の高付加価値化の実現、生産性の向上とリスクおよびコスト低減をも同時に可能にいたします。

ソフト・ハードの融合化は今後、重要課題になります。当社のコンパイル技術(Handel-C)の理論的ベースとなっていますCSP(Communicating Sequential Processes )は、形式手法ともリンクでき、安全性の高い並列処理とリアルタイム処理を実現するのに広く使われています。
従ってCから単にハードウエア化するのではなく、高度なアーキテクチャーモデルをFPGAに実装する事ができます。今後その教育プログラムの推進を考えております。

セロックシカのブースでは、下記製品の展示デモがご覧いただけます。
是非、弊社ブースにお立ち寄りください。

■ESL統合開発環境
・DK Design Suite: C言語ベースの論理合成ツール(ESL統合開発環境)
・PixelStreams : ビデオストリーミング・ライブラリ
・IEEE準拠のパイプライン・フローティングポイントライブラリ
・SDR開発キット:DSP+FPGA統合開発用キット 
・RCシリーズ 評価開発ボード(アルテラ社、ザイリンクス社の各種FPGAをサポートした高性能プロトタイピング)、他

■先端アプリケーション向け開発ソリューション
・スーパーハイビジョンを念頭においた画像処理向け開発環境について
・オートモービルを念頭においたセンサーフュージョン・アルゴリズム開発環境について

   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております