Electronic Design and Solution Fair 2008
 
Handshake Solutions 509
 
 
所在地
High Tech Campus 12, 5656 AE Eindhoven, The Netherlands
連絡先
Ad Peeters
TEL:+31 40 2746114
FAX:+31 40 2746526
E-mail:ad.peeters@handshakesolutions.com
URL:http://www.handshakesolutions.com/
出展物紹介 Handshake Solutionsは、超低消費電力を目的としたクロックレス(非同期)回路設計のツールおよびIPブロックのプロバイダーとして世界をリードしています。その適用例は、電子(生体認証)パスポート、非接触ICカード、自動車内ネットワーク(CANやIVN)、タイヤ空気圧センサーといったMEMSセンサー、そしてNokia社製6131のようなNFC(Near Field Communication)電話機などに見ることが出来ます。これらはすべてHandshake SolutionsのTiDE(Timeless Design Environment)を使って設計されています。また、8051マイクロプロセッサーを非同期化したIPブロックであるHT80C51も多くの製品で使われています。本ブースではこのTiDEおよび各種のIPブロックをご紹介しています。

Handshake Solutions is the world's leading provider of design tools and IP blocks for clockless (asynchronous) digital circuits aimed at ultra low-power IC design.
Applications today may be found in the vast majority of electronic (biometric) passports, smartcards, in-vehicle networks (CAN and LIN), MEMS-based sensors (such as for tire-pressure sensors), and in Near Field Communication devices such as Nokia's 6131 NFC phone. The clockless circuits mentioned have all been created using Handshake Solutions' Timeless Design Environment (TiDE). Many products also include an implementation of the HT80C51, Handshake Solutions' implementation of the 8051 microcontroller. TiDE is complementary to and compatible with standard EDA flows, works with any standard-cell library, and includes a complete design-for-test solution based on full scan.
出展者セミナー  
Handshake Solutions
1月24日(木) CM3-24-2  11:30 〜 12:15
超低消費電力を実現する非同期設計法/Clockless Solutions for ultra low-power circuits

Hiroo Nishikawa 西河洋雄 (IBM Service Company, Japan (日本アイビーエムサービス株式会社)
EDAコンサルティング AEグループマネージャー )
クロックレス(非同期)回路は、組み込みプロセッサーやワイヤレスモデムのような信号処理回路において、消費電力・電流ピーク・妨害輻射を著しく低減できることが実証されている。例えばARM社の非同期型ARM996HSは、類似の同期型であるARM968E-Sに比べてエネルギー効率が3倍である。モデムや誤り訂正などパイプライン構造を持った回路では、動作が時間的に分散されるため電流ピークや電磁輻射が(典型的には少なくとも4分の1に)低減されるという利点もあり、ミックストシグナルに有利である。

現在、電子(生体認証)パスポート、自動車内ネットワーク、MEMSセンサー、それにノキア社製6131のようなNFC(Near Field Communication)電話機などに非同期回路を適用した例を見ることが出来る。これらはすべてHandshake SolutionsのTimeless Design Environment (TiDE)を使って設計されている。TiDEは既存のEDAツールと協調補完しながら、スタンダードセルライブラリーを使い、DFT(full scan)まで含めた非同期回路設計をサポートするツールである。

本講演では非同期回路の特長からTiDEの詳細までを解説する。
1月24日(木) CM3-24-3  12:30 〜 13:15
超低消費電力を実現する非同期設計法/Clockless Solutions for ultra low-power circuits

Hiroo Nishikawa 西河洋雄 (IBM Service Company, Japan (日本アイビーエムサービス株式会社)
EDAコンサルティング AEグループマネージャー )
クロックレス(非同期)回路は、組み込みプロセッサーやワイヤレスモデムのような信号処理回路において、消費電力・電流ピーク・妨害輻射を著しく低減できることが実証されている。例えばARM社の非同期型ARM996HSは、類似の同期型であるARM968E-Sに比べてエネルギー効率が3倍である。モデムや誤り訂正などパイプライン構造を持った回路では、動作が時間的に分散されるため電流ピークや電磁輻射が(典型的には少なくとも4分の1に)低減されるという利点もあり、ミックストシグナルに有利である。

現在、電子(生体認証)パスポート、自動車内ネットワーク、MEMSセンサー、それにノキア社製6131のようなNFC(Near Field Communication)電話機などに非同期回路を適用した例を見ることが出来る。これらはすべてHandshake SolutionsのTimeless Design Environment (TiDE)を使って設計されている。TiDEは既存のEDAツールと協調補完しながら、スタンダードセルライブラリーを使い、DFT(full scan)まで含めた非同期回路設計をサポートするツールである。

本講演では非同期回路の特長からTiDEの詳細までを解説する。
1月25日(金) E204-25-1  10:30 〜 11:15
超低消費電力を実現する非同期設計法/Clockless Solutions for ultra low-power circuits

Hiroo Nishikawa 西河洋雄 (IBM Service Company, Japan (日本アイビーエムサービス株式会社)
EDAコンサルティング AEグループマネージャー )
クロックレス(非同期)回路は、組み込みプロセッサーやワイヤレスモデムのような信号処理回路において、消費電力・電流ピーク・妨害輻射を著しく低減できることが実証されている。例えばARM社の非同期型ARM996HSは、類似の同期型であるARM968E-Sに比べてエネルギー効率が3倍である。モデムや誤り訂正などパイプライン構造を持った回路では、動作が時間的に分散されるため電流ピークや電磁輻射が(典型的には少なくとも4分の1に)低減されるという利点もあり、ミックストシグナルに有利である。

現在、電子(生体認証)パスポート、自動車内ネットワーク、MEMSセンサー、それにノキア社製6131のようなNFC(Near Field Communication)電話機などに非同期回路を適用した例を見ることが出来る。これらはすべてHandshake SolutionsのTimeless Design Environment (TiDE)を使って設計されている。TiDEは既存のEDAツールと協調補完しながら、スタンダードセルライブラリーを使い、DFT(full scan)まで含めた非同期回路設計をサポートするツールである。

本講演では非同期回路の特長からTiDEの詳細までを解説する。
1月25日(金) E204-25-7  16:30 〜 17:15
超低消費電力を実現する非同期設計法/Clockless Solutions for ultra low-power circuits

Hiroo Nishikawa 西河洋雄 (IBM Service Company, Japan (日本アイビーエムサービス株式会社)
EDAコンサルティング AEグループマネージャー )
クロックレス(非同期)回路は、組み込みプロセッサーやワイヤレスモデムのような信号処理回路において、消費電力・電流ピーク・妨害輻射を著しく低減できることが実証されている。例えばARM社の非同期型ARM996HSは、類似の同期型であるARM968E-Sに比べてエネルギー効率が3倍である。モデムや誤り訂正などパイプライン構造を持った回路では、動作が時間的に分散されるため電流ピークや電磁輻射が(典型的には少なくとも4分の1に)低減されるという利点もあり、ミックストシグナルに有利である。

現在、電子(生体認証)パスポート、自動車内ネットワーク、MEMSセンサー、それにノキア社製6131のようなNFC(Near Field Communication)電話機などに非同期回路を適用した例を見ることが出来る。これらはすべてHandshake SolutionsのTimeless Design Environment (TiDE)を使って設計されている。TiDEは既存のEDAツールと協調補完しながら、スタンダードセルライブラリーを使い、DFT(full scan)まで含めた非同期回路設計をサポートするツールである。

本講演では非同期回路の特長からTiDEの詳細までを解説する。

   
   



 
 




日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております