ホーム » 出展者情報 » 出展者セミナープログラム/検索

出展者セミナープログラム/検索


■聴講料 無料 / ■参加申込不要(先着順)

検索条件を選択してください。
■日付から選択 全ての日にちを選択 1月24日(木) 1月25日(金)
■時間帯から選択
■セミナー取扱品目から選択
※Ctrlボタンで
複数選択が可能です
※全てを選択する以外は
└のある項目から選択して下さい。
■フリーワード入力
 
■出展者名から検索
※Ctrlボタンで
複数選択が可能です

検索条件>>
日付: 全ての日にちを選択   時間帯: 全てを選択   出展者名: 全てを選択
※出展社名50音順で表示します
(株)沖ネットワークエルエスアイ
1月25日(金) DM6-25-3 12:30 〜 13:15
いまさら聞けない設計アウトソーシングの常識と実態
〜設計会社が提案する失敗しないマネージメントとは〜

栗田敏明氏 (マーケティング本部マネージャー)
大規模LSI設計は、複雑化された設計工程や作業ボリュームの拡大により、パートナー企業との協業やアウトソーシングが一般的になっております。
本セミナーでは、当社のこれまでの設計受託実績を基に、アウトソーシングで失敗しないためのノウハウをご紹介します。これからアウトソーシングを検討されるマネージャー、過去にアウトソーシングで失敗した経験のあるマネージャーの方、必聴のセミナーです。

カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
1月24日(木) DM1-24-2 11:30 〜 12:15
Carbon Model Studio(TM): ESL環境構築の早期化・高速化の業界標準技術
大石 敏久氏 (アプリケーション・エンジニア・グループ
ディレクター)
Carbon社のCarbon Model Studio(TM)は、Verilog/VHDLで設計されたデザイン(RTL)の抽象度を上げたコンポーネントを生成することにより、CoWare社やARM社のESL ツール、または SystemC での高速検証を可能にします。従来のESL環境の課題である、(1)環境の立上げ準備・期間、(2)C/C++モデルの開発・準備、(3)既存設計資産(RTL)の再利用、(4)デバッガビリティ、(5)充分な性能、を解決する業界標準技術です。
1月25日(金) DM1-25-2 11:30 〜 12:15
Carbon Model Studio(TM): ESL環境構築の早期化・高速化の業界標準技術
大石 敏久氏 (アプリケーション・エンジニア・グループ
ディレクター)
Carbon社のCarbon Model Studio(TM)は、Verilog/VHDLで設計されたデザイン(RTL)の抽象度を上げたコンポーネントを生成することにより、CoWare社やARM社のESL ツール、または SystemC での高速検証を可能にします。従来のESL環境の課題である、(1)環境の立上げ準備・期間、(2)C/C++モデルの開発・準備、(3)既存設計資産(RTL)の再利用、(4)デバッガビリティ、(5)充分な性能、を解決する業界標準技術です。

(株)ガイア・システム・ソリューション
1月25日(金) DM6-25-7 16:30 〜 17:15
テストベンチいらずのセミフォーマル検証手法とOCPプロトコル検証サポート
Ramin Hojati氏、Samuel Dellacherie氏 (CEO/Averant社
CEO/AerieLogic社)
近年セミフォーマル手法を用いたバグハンティングがRTLの検証で効果を挙げつつある。従来の方法では、テストベンチとプロパティを用い、シミュレーションとフォーマル検証双方を使用しなければならなかった。
アベラント社は、網羅的フォーマル検証をスタートするカバレッジポイントを自動/手動で設定する機能を開発、テストベンチを用いることなく、セミフォーマル検証によるバグハンティングを実現する検証手法をユーザに提供する。また、このたびAerieLogic社との技術提携によって実現されたOCPのプロトコルチェックの概要について紹介する。

カリプト・デザイン・システムズ(株)
1月24日(木) DM3-24-2 11:30 〜 12:15
RTLデザインでの消費電力最適化ソリューション
- PowerProの可能性について -

Abhishek Ranjan氏、茂木 幸夫氏 ()
半導体プロセスの微細化に伴い、消費電力の削減はモバイル製品だけではなく、熱に対する対処のため、全ての製品開発での命題となっています。しかし更なる消費電力の削減には、新たなる設計メソドロジの適用、今まで行っていなかった検証を必要とし、採用にはかなりの初期投資を必要とします。

Calypto社のメソドロジとツールPowerProは、現在の設計メソドロジの変更を必要とせず、かつ、更なる消費電力の削減を提供する画期的なものです。

このセミナーでは、Calypto社の消費電力の削減フローとツールPowerProの推奨フローをご紹介します。更にCalypto社のベーステクノロジであるシーケンシャル解析を元にしたPowerProのテクノロジ、そしてシーケンシャルな等価性検証ツールSLECについても解説します。

また昨今話題の標準のパワー仕様のフォーマットのサポートやロードマップなどもご紹介していきます。
1月25日(金) DM6-25-1 10:30 〜 11:15
RTLデザインでの消費電力最適化ソリューション
- PowerProの可能性について -

Abhishek Ranjan氏、茂木 幸夫氏 ()
半導体プロセスの微細化に伴い、消費電力の削減はモバイル製品だけではなく、熱に対する対処のため、全ての製品開発での命題となっています。しかし更なる消費電力の削減には、新たなる設計メソドロジの適用、今まで行っていなかった検証を必要とし、採用にはかなりの初期投資を必要とします。

Calypto社のメソドロジとツールPowerProは、現在の設計メソドロジの変更を必要とせず、かつ、更なる消費電力の削減を提供する画期的なものです。

このセミナーでは、Calypto社の消費電力の削減フローとツールPowerProの推奨フローをご紹介します。更にCalypto社のベーステクノロジであるシーケンシャル解析を元にしたPowerProのテクノロジ、そしてシーケンシャルな等価性検証ツールSLECについても解説します。

また昨今話題の標準のパワー仕様のフォーマットのサポートやロードマップなどもご紹介していきます。

(株)キー・ブリッジ
1月25日(金) DM1-25-3 12:30 〜 13:15
低消費電力化設計を実現するクロックラインインプリメントツールAzuro社製「PowerCentric」の概要
Dr.Paul Cunningham (CEO, Azuro,Inc.)
低消費電力化設計を実現する世界初のクロックラインインプリメントツールAzuro社製「PowerCentric」を適用事例を交え、概要を紹介します。

コーウェア(株)
1月25日(金) F202-25-3 12:30 〜 13:15
ESL2.0とは?マルチコア対応、超高速先進ESL設計環境紹介
川原 常盛氏 (コーウェア株式会社
営業技術部 部長)
コーウェアが11月に発表したESL2.0の概要と、トランザクタの自動選択・挿入機能、バス・アーキテクチャの自動生成機能など操作性が大幅に向上したPlatform Architect、およびマルチコア仮想プラットフォーム上で、H.264データ・ストリームを1秒間に30フレーム以上デコード可能な、超高速ソフトウェア開発環境:Virtual Platformなどの新製品を、デモを交えて紹介します。

CoFluent Design (コ・フルーエントデザイン)
1月25日(金) E205-25-2 11:30 〜 12:15
新レベルの仕様モデルから仮想プロトタイピングの実現化ツール: CoFluent Studio
横川秀美氏 (CoFluent Design(コ・フルーエントデザイン)
ビジネス・デベロップメント・マネージャ日本担当)
CoFluent Studioは、50人年以上の研究から生まれたメッセージレベルモデリング(MLM)手法とY-設計フローを核とするツールです。主な特徴としては、従来のESLが必要とされたISS,ハードIPが不要且つSystem-C自動生成機能により、素早いアーキテクチュア探索が可能となり、それと共に多種の性能解析(リソース負荷状況、メモリ使用状況、コスト、シリコン面積など)により、早期の的確な判断をサポートします。また実行可能な仕様モデル及びゴールデン・レファレンスモデル・テストケースを構築できますので、プラットフォーム開発者、アプリケーション開発者及び外部サブコントラクタなどに共通のコミュニケーションツールとしても使用可能である。

CyberTec(株)
1月24日(木) E204-24-2 11:30 〜 12:15
「頭とフォーマルは使いよう!」

野々下 博氏 (技術部)
「フォーマル検証は難しい」、その固定概念を無くせば検証の品質・効率を大きく改善できます。当セミナーでは、「JasperGold」を用いた容易なフォーマル技術の活用法を目的別にご紹介致します。

<<前の10件  ■ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  ■ 次の10件>>