ホーム » プレスルーム

プレスリリース

Averant社 と AerieLogic社が技術提携 より使い易いフォーマルプロパティ検証環境をサポート

  (2007/12/17)

Solidify (アベラント社/アメリカ)とFormal-VIPs (エアロジック社/フランス)が統合 OCPプロトコルの網羅的フォーマル検証の自動化の実現
カリフォルニア・サンノゼ、フランス・セントクレア・ハロヴィル-2007年12月17日-RTL設計の最先端の検証技術のリーディングカンパニであるアベラント社とアサーションベース検証のエキスパートであるエアロジック社は、本日付けで、アベラント社の高機能フォーマル・プロトコル・チェッカーSolidifyとエアロジック社のフォーマル検証IPsと統合、既に設計現場で検証できる環境を提供できることを発表しました。
Formal-VIPs は、アサーションやフォーマル検証の特別な知識を必要とせず、お客様の設計がバスプロトコルに100%準拠しているかどうかを自動的に網羅検証できます。高機能フォーマル・プロトコル・チェッカーであるSolidifyとの統合により、アベラント社のユーザーは、設計がOCP2.2のようなポピュラーなプロトコルに対して準拠しているかどうかをすばやく自動的に検証が可能になります。さらにSVA、PSL、HPLで書かれた独自のプロパティをFormal-VIPの環境で再利用することも可能です。
フォーマル・プロパティ・チェックはデジタル回路の機能検証に対する強力なアサーションベース検証(ABV)手法のひとつです。一連のアサーションを用い、設計データが仕様を常に満たしているか、あるいは設計仕様に違反する場合は反証事例を自動的に作成します。しかしながらこの手法を十分に活用するには、アサーション記述や検証フローの構築といった準備が必要でした。
Formal-VIPs は、フォーマル・プロパティチェッカ専用に開発された検証IP並びにグラフィック・ウィザード、インラインヘルプ、構文/語彙 チェック等、広範囲に自動化されたフロー機能も提供します。この自動フロー機能により、設計のプロトコル機能に対応した検証IPの設定、フォーマル機能検証環境の生成、また100%準拠を実現するために必要なアサーションの抽出が行われます。したがって、Formal-VIPsの使用に際して、アサーション言語、フォーマル検証の知識は一切必要ありません。またFormal-VIPsは機能検証の補完として、シミュレーション内で使用することも可能です。
Solidify は最先端の静的機能検証ツールです。中心となる技術は非常に成熟されており、非常に多くの設計に採用されています。Solidify は豊富な機能を持ち、高速かつ柔軟で、設計者・検証技術者共に使用可能で、どんな環境にも速やかに順応します。初心者からエキスパートユーザーまでその性能を享受でき、シミュレータ、デバッガなどの他のプログラムにもインターフェイスもサポートされています。
Solidifyとフォーマル-VIPsの統合環境は、アベラント社のお客様に対し、OCP 2.2/2.1/2.0、OCP 1.0 や OCP Sonics2.4 などのポピュラーなバスプロトコルの100%準拠検証用に、完全に自動化されたパスを提供します。アベラント社の創設者であり、社長のラミン・ホジャティ(Ramin Hojati)氏は、「我々のお客様の中には、Formal-VIPsを通してSolidifyを使用できないことが、フォーマル検証が広く普及しない一要因となっている、と主張し続けていた」と述べており、「この統合によりフォーマル検証のまったく新しい時代への扉が開かれ、お客様は我々のフォーマル検証ツールで第三者の検証IPを使えるようになる」と分析します。また、エアロジック社のCEOであるサミュエル・デラシェリ(Samuel Dellacherie)氏は「Formal-VIPs はフォーマルプロパティ・チェックの導入に貢献できるでしょう。私たちはアベラント社のお客様に、網羅的なプロトコルチェックのために強力で使い易い環境を提供できることを喜ばしく思う」と語る。

動作環境
Formal-VIPs とSolidifyの統合環境は、Linux, Solarisプラットフォームで使用可能であり、OCP2.2/2.1/2.0、OCP1.0、OCP Sonics2.4が検証対象となります。
Averant社について
アベラント(Averant Inc.)社は、1997年に創業、株式非公開の企業で、静的フォーマル検証の新しい手法と技術を持つEDA 業界のパイオニアです。アベラント社の最も主要な製品は高速フォーマル検証エンジンSolidifyであり、シミュレータやテストベクターを必要しないプロパティベース設計検証、プロトコル検証、タイミング制約検証、自動デザインチェックを提供します。これらのツールは設計フローで容易に使用でき、クオリティ向上、リスク軽減、設計プロセスを促進させます。より詳しい情報をお知りになりたいかたは、Averant社のウェブサイトwww.averant.comをご参照下さい。
AerieLogic社について
エアロジック(AerieLogic s.a.r.l)社は、ノルマンディを拠点に設立させた企業で、アサーションベースの検証(ABV)とフォーマル検証の経験を積んだ技術者チームにより2005年創設されました。 企業のゴールはアサーション・ベース方法論(ABV)とフォーマル検証を使用し、SoC機能検証フローを強化することです。これらの技術は実行するまでが難しいですが、エアロジック社は豊富な経験の技術チームの協力のもと、自動化されたフォーマル検証環境を提供、初心者の方でも、アサーションとフォーマル検証の恩恵を受けることが可能となりました。より詳しい情報をお知りになりたい方は、エアロジック社のウェブサイトwww.aerielogic.comをご参照ください。

リリース情報に関して更に詳しい情報をお知りになりたい方は、下記へご連絡下さい:
Kimura Naoto Matsushita Shuji
Averant Japan K.K. AerieLogic
phone : 03-5421-0051 phone : 090-8105-6383
Email : kimura@averant.com Email : shuji.matsushita@aerielogic.com