ホーム » プレスルーム

プレスリリース

ZeBu-XXLは2008 Design Vision Awardsの最終選考に選ばれる

  (2008/1/9)

サンタ・クララ(カリフォルニア)-2008年1月8日、HW/SW協調検証リーディングベンダであるEVE社は、ZeBu-XXLが2008年Design Vision Awards(IEC)の最終選考に選ばれたことを本日発表しました。
Design Vision Awardsは、産業界で最も独創的で功績のあるテクノロジー、アプリケーション、製品およびサービスに対して与えられます。2007年初めに発表したZeBu-XXLは、ハードウェア・デバッギングおよび組み込みソフトウェア検証のために、従来のエミュレーションとラピッド・プロトタイピング・システムの優れた面を提供します。
ZeBu-XXLは、コンパクトでラックマウント可能なユニットに12.5Mゲートから100M ASICゲートのデザイン向けに構成され、トランザクションレベルやインサーキットエミュレーション(ICE)、およびシンセサイザブル(STB)モードにおいて20MHzのスピードでデザインのエミュレーションが可能です。また2つのユニットを連結することで200Mゲートまで対応することができます。
Design Vision Awardsの受賞は、カリフォルニア、サンタクララ・コンヴェンションセンターで2月4日から7日まで行われるDesignConで2月5日に発表されます。
EVE社 (Emulation and Verification Engineering) について
EVE社は、HDLアクセラレーションや超高速エミュレーションを含むHW/SW協調検証ソリューションの世界的リーダーであります。EVE社製品は複雑なICや電子システムデザインの検証サイクルを大幅に短縮します。さらに、シノプシス、ケーデンスデザイン・システム、メンター・グラフィックの人気の高いVerilog, SystemVerilog, and VHDLベースソフトウェアに連動し作動できます。
社名:Emulation and Verification Engineering (略称:EVE)
設立:2000年4月                                  
本社:2bis,Voie La Cardon Parc Gutenberg,Batiment B91120 Palaiseau,France                                           社員数:60名                                   
事業概要:EVEは既存エミュレーションとラピッド・プロトタイピング・システムの利点を組み合わせた新しい検証手法を開発し、ASIC/SoC向けデバッキングと組込みソフトウェア検証の双方で使用可能な環境を提供しています。 EVEの日本事業所は新横浜(Tel: 045(470)7811. FAX:045(473)7814)にあります。本社はフランスのパレゾ、セールスオフィスはアメリカのサンノゼ、韓国及びインドにあります。                        http://www.eve-team.com  http://www.eve-japan.co.jp (日本語)