ホーム » プレスルーム

プレスリリース

アルテラとシノプシス、Nios IIプロセッサ・コアのASICへの適用拡大に向けて協力

  (2007/12/8)

〜DesignWare Star IPプログラムを通じたNios 競廛蹈札奪機Ε灰△猟鷆,砲茲
組込みプロセッサ・デザインのシリコン実装手段の選択肢を拡大〜

2007年11月13日 カリフォルニア州サンノゼならびにマウンテンビュー発 - アルテラ(Altera Corporation、Nasdaq上場コード:ALTR)とシノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、市場で高い支持を得ているアルテラのNios®IIプロセッサ・コアを、シノプシスのDesignWare Star IPプログラムを通じてライセンス販売することを発表した。Nios IIプロセッサ・コアがDesignWare Star IPの一角に加わることにより、Nios IIユーザはデザインのスタンダード・セルASICへの移行が容易になるため、アルテラの既存のFPGAおよびHardCopy®ストラクチャードASIC製品の導入によるオプションが広がることになる。Nios IIプロセッサ・コアは、業界で最も広範に利用されているFPGA搭載プロセッサであり、世界有数のOEM企業を含む5,000社以上のエレクトロニクス機器メーカの顧客に採用されている。

Lionic Corporation 会長 Eric Lu氏は次のように語っている。「当社は数年前から、Nios IIプロセッサ・コアを搭載するASIC製品を導入しています。ASIC向けに最適化されたNios IIプロセッサ・コア、それを支えるすべてのDesignWareペリフェラルIP群、およびシノプシス社が提供する最高水準の設計/検証ツール群が組み合わせられたことで、最良の品質と最短の市場投入期間が保証されるため、当社はアルテラ社とシノプシス社から提供されるこの新しいプログラムを歓迎します」

ドイツのエアランゲンにあるFraunhofer Institute Integrated CircuitsのICデザイン・デジタル・システム担当部長 Karlheinz Ronge氏は次のように述べている。「当社はこれまで、多数のFPGAデバイス向けプロジェクトでアルテラ社のNios IIプロセッサ・コアを使用してきました。FPGAとストラクチャードASICに加えて、シノプシス社のDesignWare Star IPプログラムを通じて、スタンダード・セルASICの開発にNios IIプロセッサ・コアを使用できるようになったことで、この柔軟性に優れた強力なプロセッサ・コアを量産向けアプリケーションにまで広げることができます」

DesignWare Star IPプログラムにより、設計者は、主要なStar IPプロバイダが開発した高性能で高い価値を持ったプロセッサ・コアやDSPコアを利用できるようになる。シノプシスは、自社のデザイン・リユース、IPパッケージング手法、およびデザイン・フローに関する専門知識を活かし、ASICインプリメンテーション向けに最適化された、Nios IIプロセッサ・コアのコンフィギュラブルで完全に合成可能なバージョンを提供していく。このコアは、設計者が選択したファウンドリおよびプロセス技術で使用できるようになる。シノプシスは、この再利用可能なコアを業界最先端のツール群、技術サポート、デザイン・サービス、SoC構築に不可欠なペリフェラルIP群などと共に提供することで、Nios IIプロセッサを搭載したASICおよびASSPを開発できる強力なソリューションを設計者に提供する。

アルテラ ソフトウェア&エンベデッド・マーケティング担当ディレクタ Chris Baloughは次のように語っている。「Nios IIプロセッサ・コアが業界で最も広範に利用されているFPGA搭載プロセッサであることから、顧客のシリコン開発の選択肢を広げたいというニーズが引き続き高まるものと予想しています。当社の汎用Nios IIプロセッサ・コアとシノプシス社のASIC IPの利点が組み合わせられたことで、顧客のニーズを満たす強力なソリューションとなります」

シノプシス IPおよびサービス担当・マーケティング・シニア・ディレクタ John Koeterは次のように述べている。「アルテラ社との協力関係を通じて、Nios IIプロセッサ・コアをDesignWare Star IPプログラムに追加したことで、このコアは広範囲にわたるASICユーザやASICアプリケーションで利用可能になります。設計者は、Nios IIのコンフィギュレーション性と拡張性を、自社で採用している業界標準のASICデザイン・フローで活用できるようになり、ASIC IP、技術サポートおよびサービスを一括して提供できるツールベンダとしてシノプシスを活用できるようになります」

出荷時期
Nios IIプロセッサ・コアの合成可能バージョンは、シノプシスを通じて2008年第1四半期から提供開始予定。

アルテラ・コーポレーションについて
アルテラのプログラマブル・ソリューションは、顧客企業に迅速かつコスト効率に優れた技術革新、他社製品との差異化をもたらし、顧客最終製品の市場におけるシェア拡大を実現します。アルテラに関する詳細情報は、同社Webサイト(www.altera.com / 日本語:www.altera.co.jp)に掲載されています。

シノプシスについて
Synopsys, Inc. は、IC設計向け電子設計自動化ソフトウェア(EDAツール)の世界的リーダである。最先端技術を用いたエレクトロニクス・システムやICの設計プラットフォームと検証プラットフォーム、製造容易性と歩留まり最適化のためのソリューション、および設計資産(IP)やデザイン・コンサルティング・サービスを世界中のエレクトロニクス市場向けに提供している。これらのソリューションにより、複雑なICおよびエレクトロニクス・システムの開発と製造を実現する。広範囲にわたるソリューションを通して、パワー・マネージメント、歩留まり確保までの期間短縮、システムレベルからシリコンまでを網羅する総合検証など、設計者と製造者が今日直面している重要課題に対応している。カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置き、事業所は北米、ヨーロッパ、日本、アジアなど60ヶ所。詳細な情報は、http://www.synopsys.co.jpより入手可能。

# # #

Altera、The Programmable Solutions Company、アルテラのロゴ、弊社特定デバイスの定義、およびその他の商標ならびにサービス・マークを意味する語彙は、特記されていない限り、すべてアルテラ・コーポレーションの米国及びその他の国における登録商標、商標またはサービス・マークです。Niosは、アルテラ・コーポレーションの登録商標です。その他記載されている製品名あるいはサービス名は各所有企業に帰属します。 SynopsysおよびDesignWareは、Synopsys, Inc.の登録商標です。