ホーム » EDSFairについて » EDSFairとは!

EDSFairとは!

世界3大展示会

EDSFairは、米国DAC、欧州DATEと並ぶ、「電子システム・半導体設計に関する世界3大展示会」のひとつとして位置づけられており、世界の最新テクノロジが一堂に会します。

成長を続ける半導体市場規模

日本半導体市場は、薄型TVなどのデジタル民生機器の需要増や、第3世代携帯電話機の普及などに支えられ成長を続けています。世界市場全体でもユビキタス社会の実現に向けて更なる成長を続けると見込まれています。

グラフ:2010年に向けプラス成長を持続

次世代のために

普段のビジネス活動では触れることのできないテクノロジを国内外から集約。 EDSFairは、新しい発見があるビジネストレードショーです。

若手エンジニアへの情報提供や人材育成活動を積極的に推進。 EDSFairは、将来の業界発展への布石をうつビジネストレードショーです。

○ブース展示&スイートデモ

オープンな展示ブースでのプレゼンテーションや、限られた顧客に対するクローズドなデモを複合的に活用して、あらゆる顧客のニーズが多面的に把握できます。

○出展者セミナー

出展企業が個別セミナーを無料で公開します。毎年100以上のセッションに、のべ3,000人超が参加します。参加者の満足度は非常に高く人気の企画です。

○(併催)FPGA/PLD Design Conference

FPGA/PLDをテーマとした日本で随一のコンファレンスです。
FPGA/PLDに関する最新情報、設計手法、ビジネスおよび将来動向が包括的に披露される貴重な機会です。

○(同時開催)システムデザインフォーラム

社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)ASP-DAC専門委員会では、最新EDA技術の普及促進を目的としてシステム・デザイン・フォーラムを2005年から開催してます。その中で今年は、「SystemCユーザ・フォーラム2009」に加えて、新たに、プロセス微細化による製造ばらつきの問題に対して、「最先端統計から見た32nmばらつき予測と設計法」をテーマとした、「ナノ世代物理設計フォーラム」を開催します。

○(同時開催)ASP DAC

ASP-DACは、VLSIとシステムの設計技術に関するアジア・南太平洋地区最大の国際会議です。最新の研究成果について、基礎から応用までを広範な学術論文とチュートリアルでカバーします。現場の設計者にも参考になる最新の設計事例を発表する企画であるデザイナーズ・フォーラムも開催します。

顧客満足度を高めるために

設計者ニーズを満足させるための多数の企画を実施。EDSFairは、次のビジネスへつながる顧客ニーズを把握できるビジネストレードショーです。

○キーノートスピーチ

首都大学東京 西澤 潤一 学長に「より速く、より大きく、日本の創造的半導体技術」と題した、キーノートスピーチを開催初日の2009年1月22日(木)、午前10時30分より開催いたします。

○特設ステージ

EDSFairでしか聞けない内容が盛りだくさんです。第一線で活躍中のエンジニアの方はもちろん、設計・開発を率いる管理職の方々、さらに若手エンジニアの方までを対象とした幅広い内容の企画を用意しました。

○特別ゾーン

EDSFair2009では、エンジニアが注目する最新の技術やトピックスに関する、新企画を3つ含む6つの特別ゾーンを設置いたします。

新企画
電磁界解析・SI/PI テクノロジ・ゾーン、FPGAビレッジ、インドパビリオン

新興ベンダエリア、JEVeCビレッジ、ユニバーシティ・プラザ

○見学サポートサービス

2009年は、エンジニアが抱える30の課題毎に案内マップを提供するコンシェルジュサービス、通訳サービス、設計技術・EDAのエキスパートがツアーガイドする新興ベンダ・ガイド・ツアーを実施いたします。

出展傾向

出展傾向