ホーム » 特設ステージ/特別企画 » コンシェルジュサービス » コンシェルジュサービス テーマ一覧 » SSTA によるタイミング収束容易化事例
特設ステージ/特別企画

SSTA によるタイミング収束容易化事例

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
PR 45nm以降の先端的なテクノロジ・ノードでは、統計的タイミング解析は、性能を最大化しながら過剰な設計を排除し、性能、歩留まりのトレード・オフを実現するために必要となる技術です。 ケイデンスのEncounter Timing SystemのSSTAテクノロジは、スピード、精度、そしてタイミングの最適化機能という、最強の組み合わせを備えており、Encounter インプリメンテーション・フローとスムーズな連携が可能です。 解析、最適化の一連のフローにより、チップ間、チップ内、そしてセル間のばらつきを正確に把握し、迅速なタイミングの収束とサインオフの実現に貢献いたします。
SSTAテクノロジについては、ブース デモ・エリアでご紹介します。
 
スケジュール ブース デモ・エリアで随時ご紹介します。 
日本シノプシス(株)
PR デバイス・バリエーションに基づいた高精度なタイミング・モデルを生成するCCSモデリング・テクノロジ、感度ベースの抽出技術で内部配線バリエーションに基づいて高精度な寄生モデルを効率よく生成するStar-RCXT VX、デバイス・モデルと内部配線モデルを用いてスタティスティカル・タイミング解析を実現するPrimeTime VXをご提供します。HSPICEと比較して誤差5%以内という高い精度で、ランタイムも300万インスタンス相当のデザインの解析を一晩で完了した実例もあります。 
スケジュール ●ブースデモ
随時行っております。ブース内スタッフにお声掛けください。
 
テーマ一覧へ