ホーム » 特設ステージ/特別企画 » コンシェルジュサービス » コンシェルジュサービス テーマ一覧 » チップ・パッケージの熱解析手法
特設ステージ/特別企画

チップ・パッケージの熱解析手法

メンター・グラフィックス・ジャパン(株)
PR 半導体チップから発生する熱の問題はますます大きくなっており、設計段階で対策していくことは開発期間・コスト削減のためにも無視できないものになっています。
今回は2008年に買収したFlomericsの製品である、回路基盤・パッケージ設計での熱の問題を解析するFloTHERMシリーズ、パッケージ中の素材の熱抵抗・容量の非破壊測定をするT3Ster、LEDの熱特性測定を可能にしたTERALEDをご紹介します。 
スケジュール ◆メンター・グラフィックスブース内シアター・プレゼンテーション
- PCB System Design
1月22日(木)10:35〜10:50, 12:40〜12:55, 14:55〜15:10, 17:25〜17:40
1月23日(金)11:50〜12:05, 14:05〜14:20, 16:10〜16:25
- Low Power & Power Management
1月22日(木)10:10〜10:25, 12:15〜12:30, 14:30〜14:45, 16:35〜16:50
1月23日(金)10:10〜10:25, 12:15〜12:30, 14:30〜14:45, 16:35〜16:50
◆出展者セミナー
1月22日(木)11:30〜12:15 DM2(中2階)
メンター・グラフィックスが提供する電子機器設計者のための熱設計支援ツールFloTHERMシリーズ
1月23日(金)16:30〜17:15 DM4(中2階)
メンター・グラフィックスが提供する非破壊でのパッケージ熱抵抗・容量測定器T3Ster 
テーマ一覧へ