Electronic Design and Solution Fair 2009
 
(株)図研
Zuken Inc.
001
 
 
所在地 〒222-8505
横浜市港北区新横浜3-1-1
3-1-1, Shin-Yokohama, Kouhoku-ku, Yokohama, Kanagawa
連絡先 SoC事業部
SoC Business Unit
TEL:045-473-9131
FAX:045-473-8771
E-mail:kawai@zuken.co.jp
URL:http://www.zuken.co.jp/soc_top/
出展物紹介 ●C言語ベースLSI設計環境『CyberWorkBench』
CyberWorkBench事例(製品展示) 動作合成 デバッグ/形式検証の3コーナーに分け、複雑なアルゴリズムに不可欠となるC言語ベースLSI設計環境をじっくりご紹介します。
●Cレベル設計受託
要求仕様レベルからお客様のアルゴリズムや処理をCで実現し、FPGA、ASIC、評価基板に仕上げます。
●浮動小数点変数の固定小数点化高速自動変換ツール『FP-Fixer』
 浮動小数点変数を固定小数点に完全自動変換します。ハードウェア(LSI)とソフトウェア(DSP)の両方に対応し、開発期間を大幅に短縮します。
●チップとパッケージの連携設計環境『RioMagic』
LSIチップとパッケージの設計データベースを統合し、同時最適化という新しいソリューションを提供します。各種最適化エンジンを搭載し、ボトムアップ設計にも対応した画期的な設計環境です。
出展者セミナー  
(株)図研
1月22日(木) 時間:11:30 〜 12:15   会場:DM1
チップ・パッケージ・基板の協調設計のご紹介
古賀一成 (技術本部 ELセクション S&Pグループ)
チップ・パッケージ・基板の伝送路の信号の高速化に伴い、 チップ設計の初期段階から基板とパッケージを考慮したI/O設計と、システム全体検証による信号品質の維持が求められています。
本セッションでは、チップとパッケージの統合データベースを採用し、最適化エンジンを搭載した『RioMagic』の最新機能と、チップ・パッケージ・基板の連携設計環境についてご紹介します。
1月23日(金) 時間:11:30 〜 12:15   会場:E204
動作合成ツールの必然性と可能性
若林 一敏
日本電気(株) 中央研究所 EDA開発センター 研究部長
動作合成(C言語設計)は、TATの短縮といった現状の「改善」にとどまらず、今後の高度で複雑なアルゴリズムのハード化に「不可欠」なものになります。
本セッションでは、RTL設計では難しかった面積削減が動作合成で可能になる等の動作合成の隠された魅力 C言語ベース設計環境〜CyberWorkBenchの機能から、既存ユーザーに喜ばれているポイント/機能(例:制御回路合成、自動パイプライン化) 今後の新機能(例:SystemC合成の強化、アーキテクチャ自動探索)等を紹介します。これから動作合成を始める方に自信をもってC言語設計環境を導入していただけるような設計者のための実利的ROIをご紹介します。

   
   



 
 




有限責任中間法人 日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております