Electronic Design and Solution Fair 2009
 
アジレント・テクノロジー(株)【電磁界解析・SI/PI テクノロジ・ゾーン】
Agilent Technologies Japan, Ltd. [Electromagnetic field analysis SI/PI Technology Zone]
103
 
 
所在地 〒192-8510
東京都八王子市高倉町9-1

9-1,Takakura-cho,Hachioji-shi,Tokyo
連絡先 電子計測本部・計測お客様窓口

Customer Contact Center
TEL:0120-421-345
FAX:0120-421-678
E-mail:contact_japan@agilent.com
URL:http://www.agilent.co.jp
出展物紹介 ◆PCB設計環境・電磁界シミュレーションを融合させたレイアウト設計
Advanced Design Systemを、図研CR5000、Cadence Allegroなど各種PCB設計環境とのリンク機能を中心に、正確かつ効率的な特性評価がどのようにして実現できるかをご覧いただきます。

◆RF部を考慮したベースバンド部設計・検証:新ESL(Electric System Level)ソリューション
無線通信、防衛・宇宙関連のシステム等において、以前より、RF・マイクロ波フロント・エンド部の設計と、ベースバンド部の設計が、それぞれ別の世界ですすめられ、最後に統合してシステム検証を行うというケースが多く、最終段階で不具合が発覚し、修正の為にシステム設計の見直しを余技されなくなり、開発期間、開発コストに大きな悪影響を与えるケースが見受けられます。
アジレントの新ESLソリューションSystemVue2008は、システム設計段階で、RF部、ベースバンド部を組み合わせての設計・検証を手軽に行えるようにしたソリューションです。LTE、WiMAXといった標準フォーマットに準拠した信号を用い、RF部などで用いられる豊富なライブラリを活用し、RF・ベースバンド統合を想定した設計・検証が容易に行えます。

Layout design merging PCB design environment and Electromagnetic simulation.
 
Signal Integrity Solution based on ADS :Eye diagram Evaluation
   
   



 
 




有限責任中間法人 日本エレクトロニクスショー協会
phone : 03-5402-7601 FAX:03-5402-7605
http://www.jesa.or.jp
ALL Rights Reserved by Japan Electronics Show Association
当サイトはIE5.0以上、 NN4.7以上で動作確認を行っております