ホーム » 出展のご案内 » EDSFair活用法

EDSFair活用法

日本でのビジネス展開において重要な位置づけにある EDSFair

EDSFairは、JEITAが主催する国内唯一の「設計ソリューション・設計技術・EDA技術やそれらを活用したIPソリューション・設計サービス」に特化した大規模な展示会で、参加ベンダーがブレイクスルーされたテクノロジを有する製品、また、顧客のニーズにあった製品などを展示します。
EDSFairは新しいセールスの機会を獲得する場であると同時に、参加ベンダーのブランドを高めるための機会でもあります。

EDSFairは
  • 国内半導体・機器メーカの予算申請時期の開催となるため予算確保に向けた国内営業活動の時期として最適です。
  • 参加ベンダーのブランドを高める機会として最適です。
  • 通常のビジネスルートでは把握できない多様な顧客ニーズを把握し、貴重なマーケティングデータとしてフィードバックすることで新しいセールス機会を発掘できます。

EDSFairへの出展を最大限に活用し、より高いビジネス効果を得る機会としてご利用ください。

ビジネス・トレードショーでは広く、長く、大きくが成功へのカギ

広く
会場外への情報発信を意識し、広報活動の核として活用しましょう。
長く
開催中だけの点の活動と捉えず、事前、事後も含めた線や面としての活動をしましょう。
大きく
全社的な取り組みとして位置付け、最大限に活用しましょう。

■EDSFairにあわせ、新製品・新技術情報を
   集約し、事前の段階から戦略的な広報活動を
   展開しましょう。

新発表の照準をEDSFairに合わせる。
事前に新製品・新技術のプレス発表を実施。
EDSFairのオフィシャルホームページを最大限活用。
EDSFairが提供する広報機会を最大限活用。
海外への広報もEDSFairに連動。


■EDSFairにあわせ、顧客とのコミュニケーション
   が取り易いブース設計を検討しましょう。

来場者が入りやすい開放的なブース設計。
ブース内のスペースは広めに取ることがポイント。
来場者にブース内に入っていただくために、プレゼンテーションはブース内に向けて実施。
デモの近くには商談テーブルを設置すると効果的。
重要顧客のためにはスイートルームがさらに効果的。


■EDSFairにあわせ、社長、役員など全社一体
   となったプロモーションを展開しましょう。

経営者自らが新製品や経営方針などを発表し、プレゼンスの高いメッセージを発信。
重要なアライアンス・提携等の発表の場としても活用。
一体感を醸成できるイベントの特性を活用して、社内のモチベーション向上にも利用。
経営幹部がブースでトップセールスを実施。


■EDSFairにあわせ、展示以外の
   プロモーションを複合的に展開しましょう。

カタログやパンフレットなどのプロモーションツールの見直し。
セミナーやチュートリアルを開催し、より深い情報を集中的に発信。
展示会では販促ツール・ノベルティ等も重要なポイント。
有効なデータを収集するためのアンケート手法を構築。


■EDSFairにあわせ、営業体制を整備し、事前、開催中、事後と継続的な
   営業活動を展開しましょう。

顧客リストをVIP・重要顧客・見込顧客に分類するなどの整備。(事前)
分類した顧客ごとの営業戦略と営業体制を整備。(事前)
DMを有効に配布し、重要顧客と会期中のアポイント取り。(事前・開催中)
開催初日に来場されていない顧客に来場確認のメール連絡。(開催中)
事前に準備した営業戦略を基に、開催中に収集した情報を最大限活用。(事後)

■EDSFairにあわせ、様々な広告媒体と連動した
   メディアミックス・プロモーションを展開しましょう。

専門紙誌が企画するEDSFair広告特集を有効に活用。
事前に出稿する広告原稿に、自社ブース番号等を掲出してブースへの来場誘致を強化。
EDSFairの各種広告媒体を活用して事前告知を徹底。