ホーム » プレスルーム

プレスリリース

CTC、アボセントのデータセンター管理ツールの販売開始

  (2009/1/8)

物理/仮想サーバの一元管理や電源管理ソリューション

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一、以下:CTC)は、ITオペレーション・マネージメントのリーダー企業であるアボセントジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長 粟倉 豊、以下:アボセント)と代理店契約を締結しました。これに伴い、CTCでは、アボセントのデータセンターマネージメントツールを2008年12月15日より本格的に販売開始します。

昨今、データセンターにおけるIT管理者の物理/仮想サーバの運用やオペレーション及びセキュリティ管理負荷の低減、消費電力の効率化や設置場所の省スペース化、監視や障害対応を含む総所有コスト(TCO)の削減など、データセンターや企業の情報システム部門におけるIT資産の運用管理に対するニーズは、複雑かつ高度化が進んでいます。

アボセントが提供するソリューションは、企業のサーバルームやデータセンター内のサーバやストレージ、ネットワーク機器などの各種IT資産を一元的に集中管理するソリューションです。地理的に分散されたシステムを常時監視し、障害時に復旧・修正をリモート環境から盛業することが可能です。そのため、企業の情報システム部門やデータセンターにおける運用管理の負荷低減を実現します。

資料ダウンロード