ホーム » プレスルーム

プレスリリース

EVE, ZeBuエミュレータに高速合成機能を追加

  (2009/1/20)

米国カリフォルニア州サンノゼ 2009年1月19日ー ハードウェア/ソフトウェア協調検証のリーダーであるEVEは、ZeBuエミュレーション・システムをターゲットにしたトップダウンとボトムアップのアプローチで大規模デザインを扱う高速合成機能、zFAST (ZeBu FAst SynThesis)を提供します。

「全システムの検証に関して言えば、FPGAベースのエミュレータだけが成功するでしょう。新しいデザインは数千万相当のASICゲートに達し、プロセッサとグラフィック・デザインは数億ゲートに達します。このような大規模デザインをFPGAにマッピングを行おうとすると多くの商用FPGA合成ツールでは扱いきれません。zFASTはこのような大規模デザイン向けに開発されています。」とEVE-USA社長兼ワールドワイド・マーケティングVPのラウロ・リザッティは語っています。

zFASTはVHDL、Verilog、SystemVerilogの主要なすべての3言語をサポートし、業界最高クラスのFPGA合成より数倍高速に動作します。同種のツールと比較してエリアの僅かな増加だけで大型デザインをマップできます。zFASTは複数のPC上で並列処理が可能で、合成プロセスがより一層加速し、設計チームは数時間かかっていた大規模デザイン合成作業を数分で終了できます。

過度の最適化の抑制に関する制限のため信号名が勝手に変更されてしまう他社の合成ツールとは異なり、zFASTはZeBuがRTLの信号名でVCD/FSDB/VPDに波形ファイルを生成することが出来る様にレジスタ・トランスファ・レベル(RTL)の信号を保持します。トップダウン合成と同様、zFASTはボトムアップ(モジュール毎)合成をサポートします。さらにFPGAコンポーネント用ZW-FPGA合成ライブラリは、最も一般的なSynopsys DesignWareライブラリ・コンポーネントのRTLモジュールを含んでいます。

zFASTはzCUI(ZeBu Compilation User Interface)と密に統合され、他の商用合成ツールと同じ方法で使えます。

ZeBuコンパイラは引き続き、高速なランタイム・パフォーマンスやASICプロトタイピングフローとの互換性が要求されるような中小規模デザイン向けの商用FPGA合成ツールをサポートします。

価格と提供時期
zFASTは、ZeBuの追加機能として現在販売可能です。初回ライセンスで50,000ドルより、追加ライセンスでは15,000ドルより販売。