ホーム » プレスルーム

プレスリリース

ZeBu-Personalは2009年DesignVision Awardの最終選考に選ばれる

  (2009/1/14)

米国カリフォルニア州サンノゼ- 2009年1月14日 - ハードウェア/ソフトウェア コ・ベリフィケーションのリーダーであるEVEは、ZeBu-Personalが2009年DesignVision Awardのデザイン検証ツール・カテゴリーで最終選考の1つに選ばれたことを本日発表しました。

DesignVision Awardは、IECがスポンサーとなり、産業界で最も独創的で功績のあるテクノロジ、アプリケーション、製品およびサービスに対して与えられます。2008年3月に発表されたZeBu-Personalは、SoCのハードウェア検証とソフトウェア開発でコンパクトなパッケージながら高速に動作するエミュレータです。最も困難なハードウェア/ソフトウェア協調検証問題で使用され、60MHzの最大速度で500万ASICゲートのデザインを扱うことが可能です。

ZeBu-Personalは、大容量、簡単な設定、エミュレーションに関連するデバッグ、ラピッドタイピング並みのコスト・パフォーマンスを持ち、ブロックレベル検証とシステム統合の段階での複数の論理ブロックと組み込みソフトウェアの相互検証に最適な製品です。ハードウェア設計チームとソフトウェア開発チームが同じデザインモデルを共有できるようになり、協力してハード・ソフト間の複雑なインタラクションをデバッグできるようになります。その結果、デザインサイクルの早い段階でハード・ソフトを結合でき、チップのリスピンの危険性を減らし、タイム・トゥ・マーケットを短縮できます。

ZeBu-Personalは、Xilinx製Virtex5-LX330 FPGAを搭載し、PCI Expressカードシステムの特徴をもち、全自動コンパイラおよびランタイム用ソフトウェアに対応します。綿密なデバッグのためのインタラクティブなハードウェアデバッグ機能をもちながら、予算の範囲内に収まる価格設定が魅力的です。

DesignVision Awardの受賞者は、カリフォルニア、サンタクララ・コンベンションセンターで2月3日から5日まで行われるDesignCon2009で2月3日に発表されます。