ホーム » プレスルーム

プレスリリース

ルネサスが携帯電話用LSI設計にEVEのZeBu-XXLを採用 〜3G携帯電話の協調検証向けに高速かつ大容量のエミュレーションシステムを適用

  (2009/1/20)

米国カリフォルニア州サンノゼ - 2009年1月20日- ハードウェア/ソフトウェア コ・ベリフィケーションのリーダーであるEVEは、株式会社ルネサス テクノロジ(以下、ルネサス)が第3世代携帯電話で用いられる高速かつ高性能な高集積回路(LSI)の設計のために (Zero Bugのための) ZeBu-XXLハードウェア支援型検証プラットフォームを採用したことを、本日発表しました。
ZeBu-XXLは、ルネサスのsystem-on-chip (SoC) 設計のデバッグを加速するコスト効果に優れた商用エミュレーションプラットフォーム導入に関する長期間の評価を経て、採用に至りました。
「我々のニーズに則した最も優れたハードウェア支援型検証プラットフォーム選択のための徹底的な分析の結果として、我々はZeBu-XXLを選びました。」株式会社ルネサス テクノロジ システムソリューション第二事業部 モバイルSOC第一部 部長の服部俊洋氏は、こう語ります。「その導入の容易さ、最高速度が20MHzにも達するトランザクションモード実行時の比類なき性能、そして一千万から一億ゲートのASICゲートに対応できるスケーラビリティが、我々の最終決定の要因となりました。」
大規模FPGAのアレイ接続を基盤として、ZeBu-XXLは、最小の設置面積、最速の実行速度、そして最適な導入コストを成しえました。ZeBu-XXLではまた、複雑な組み込みデザインの検証サイクルを数か月に短縮するために、インタラクティブかつ階層的なハードウェアおよびソフトウェアのデバッグを行えます。
「私どもにとってルネサス テクノロジに採用していただいたことは喜ばしい限りです。評価中の真摯なご対応に大変感謝しております。」とEVEの最高経営責任者(CEO)および社長 Luc Burgunは語ります。「その高速実行によって、ZeBu-XXLがルネサスのデザインのデバッグを劇的に加速し、新規デザインのタイム・トゥ・マーケットの速度を究極まで高めることは、疑いようがありません。」