プレスルーム

主要半導体メーカー、破壊的電気回路検証にメンター・グラフィックスのCalibre PERCを使用

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、集積回路(IC)のための業界で最も包括的なプログラマブル電気的ルールチェッカであるCalibre PERCが、ON Semiconductor(本社: 米国)およびFaraday Technology Corporation(本社: 台湾)に導入されたことを発表しました。ユーザ定義のルールに基づいて電気的チェックを自動的に実行するこの製品は、工場でのテストや輸送、フィールドでの動作中に発生する破壊的な電気的回路故障に対して、脆弱な領域を発見することにより、信頼性を高めたいという顧客ニーズに応えるために設計されたものです。

「Caliber PERCは、電気的ルールチェックにおいて、これまで業界では未対応であった重要なニーズに直接対応したものです。すべての静電気放電(以下ESD)保護ルールに確実に適合することは、ポータブルおよび高信頼性アプリケーション向けの設計においてロバスト性を確保する上で極めて重要です。これまで、これは時間がかかり、エラーが発生しやすかった検証工程であり、人手によるチェックとカスタム・スクリプトの組み合わせで対応してきました。Calibre PERCは、このニーズに確実に対応する製品です。」Faraday Technology、Director of Design Development、Yu Wen Tsai氏はこのように語っています。

「ON Semiconductorは、カスタム・ツールの作成を含め、破壊的な電気的設計エラーを回避するための包括的な戦略の策定に多大な努力をしてきました。複数の電圧ドメインにおいて不正な接続がないかをチェックすることは難しい問題であり、非常に広範なチェッカが必要とされます。そのための市販製品を探しましたが、当社の最も複雑な、多電源ニーズを扱うことができる高速かつ柔軟なツールというニーズを満たしていたのはCalibre PERCだけでした。また、実証済みのCalibreプラットフォーム上に構築されているため、現在そして将来の最も大規模な設計に対してもスケールアップできると確信しています。」ON Semiconductor、Senior Vice President and Chief Technology Officer、Peter Zdebel氏はこのように語っています。

Calibre PERCは、回路がESDに対して十分に保護されているかどうかの検証や、多電源ミックスシグナルICでの不適切な電源接続の特定など、幅広いアプリケーションに対応しています。Calibre PERCは、製造時に破壊的なデバイス故障を引き起こしたり、輸送や組み立て時にデバイスが損傷を受けやすくなったり、フィールドでのデバイス寿命を縮めるESDに対してデバイスを保護する上で回路が完全であるかどうかを確認します。従来のレイアウト形状ベースのチェックを超えた高いレベルのESD設計ルール遵守を保証し、特定のデバイスやインターコネクト構造、および電気特性の検証が可能です。例えば、論理的設計から独立して電気的ルール違反を検出し、回路図またはネットリスト上で必要なESD保護の不足を特定することもできます。また、間違った信号パスやウェル接続エラー、フローティング・デバイス/ネット/ピン、不正な電圧供給接続、過剰なシリーズ・パス・ゲート、問題のあるレベルシフタ設計、アンテナチェック、フローティング・ウェル、最小「ホット」NWELL幅など、多数のソフト接続エラーの検出にも使用できます。

「ますます多くのお客様が、ESDによる電気的故障に対する脆弱性をチェックし、多電圧ミックスシグナル環境での電気的ルールチェックを実行するためのソリューションを求めています。このようなタイプの新しい複雑な回路検証課題に対応するための拡張を行うことで、Calibreプラットフォームの多用途性がさらに強化されます。」メンター・グラフィックス、Design to Silicon Division、Vice President and General Manager、Joseph Sawickiはこのように語っています。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックスは、EDA(Electronic Design Automation)のテクノロジ・リーダーとして、高性能な電子機器を短期間でよりコスト効率よく開発するためのハードウェアおよびソフトウェアのソリューションを提供しています。ますます複雑化する基板およびチップ設計の世界でエンジニアが直面する様々な設計上の課題を克服するための革新的な製品およびソリューションを提供します。メンター・グラフィックスは業界で最も幅広いクラス最高の製品ポートフォリオを有し、EDAベンダとして唯一組込みソフトウェア・ソリューションを持っている企業です。メンター・グラフィックスについての詳しい情報はhttp://www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

本件に関する問い合わせ先
メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
コーポレート・マーケティング部
柴田 多英子
TEL: 03-5488-3035  FAX: 03-5488-3032
Email: mktg_mgj@mentor.com