プレスルーム

シノプシス、40nmプロセス対応のDesignWare HDMI 1.4 Tx/Rxデジタル・コントローラIPとPHY IPを発表

〜HDMI 1.4が提供する次世代機能であるHDMIイーサネット・チャンネルとHDMIオーディオ・リターン・チャンネル、3Dフォーマット、リアルタイムのコンテンツ・シグナル伝送、4K2K解像度、総帯域10.2Gbpsに対応

<要旨>
■HDMITM(High-Definition Multimedia Interface) 1.4ならびにHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection) 1.4仕様に完全準拠したIP。
■HDMIイーサネット・チャネルとHDMIオーディオ・リターン・チャネル(HEAC)、3Dフォーマット、4K2K解像度、拡大された色空間、その他のHDMI 1.4主要新機能全てに対応。
■高い性能を維持しつつ最大長20フィートのHDMI カテゴリー2ケーブルをサポートする優れたアナログ・フロントエンドを装備。
■90nmから40nmまでの10種以上のプロセス・テクノロジに対応したHDMI PHY IPも提供。

2010年1月25日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - 半導体設計ツールの世界的リーダーであるシノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、標準規格に準拠した高品質なDesignWare HDMI 1.4 トランスミッタ(Tx)/レシーバ(Rx)のデジタル・コントローラIPとPHY IPソリューションを発表した。DesignWare HDMI 1.4 IPは、HEAC、3Dフォーマット、リアルタイムのコンテンツ・シグナル伝送、4K2K解像度、総帯域10.2GbpsといったHDMI 1.4仕様の新機能を全てサポートしているため、設計者は、開発リスクと開発期間を削減しつつ、差別化された機能をデジタルTVやホーム・シアターに迅速に組み込むことができるようになる。

設計者が、次世代のホーム・エンターテイメント機器にネットワーク機能を組み込むにあたって、DesignWare HDMI 1.4 IPソリューションが提供するHEACブロックを使用してデバイス開発をすれば、機器は映像やオーディオ信号などの従来のデータとイーサネット・データ通信を1本のHDMIケーブルで行えるようになるため、インターネット接続が可能なデジタル・ホーム機器間の配線がシンプルになる。またDesignWare HDMI 1.4 IPは、あらゆる3Dフォーマットにも対応しているため、「フル・サイドバイサイド方式」「ハーフ・サイドバイサイド方式」「フレーム・オールタナティブ」などの3D技術により、洗練された視聴体験を提供できるようになる。そして、リアルタイムのコンテンツ・シグナル伝送機能により、テレビが(送られてくるコンテンツ情報を元に)映像設定を自動調整するため、ユーザーが設定メニューに触る必要はなくなる。さらに、4K2K解像度にも対応できるため、現行フルHDの1080ピクセルの約4倍の総画素数を実現でき、最先端のデジタル映画システムと同等の解像度を提供できるようになる。

ディスプレイ・リンク社 開発担当副社長 Jonathan Jeacocke氏は次のように語っている。「当社は、技術革新を強力に推進しており、当社が業界をリードする(USBポートから複数のディスプレイに接続、表示を可能にする)ネットワーク・ディスプレイ・テクノロジに常に最新のテクノロジを取り込んでいます。当社が開発するSoCにHDMI IPを組み込むにあたっては、必要となるあらゆる機能を搭載したシリコン実証済みIPソリューションを提供してくれるシノプシス社の力を借りてきました。シノプシス社は、信頼できるIPベンダであり、単に高品質なIP製品を提供してくれるだけでなく、必要な時には高度に専門的な技術サポートも提供してくれるからです」

DesignWare HDMI 1.4 IPソリューションは、システム開発のための基本ソフトウェア・ドライバなどの関連コンポーネント・セットも包括的に提供している。これにより、設計者は、HDMIという高度に複雑なインターフェイスを次世代マルチメディアSoCに迅速に組み込むことができるようになる。さらに以下のようなメリットもDesignWare HDMI 1.4 IPソリューションならではである。

■HDMIならびにHDCP仕様に準拠し、NXP HDMI公認テスティング・センターの認証も取得。
(仕様準拠性と相互接続性を検証する)HDCP Plugfestイベントでのインターオペラビリティ確認にパス。
■高い性能を維持しつつ最大長20フィートのHDMI カテゴリー2ケーブルをサポートする優れたアナログ・フロントエンドを装備。
■デジタル・コントローラIPはコンフィギュレーション可能なRTLで提供されるため、目的のアプリケーションで必要となる機能以外は削除することによってゲート規模と消費電力を最適化できる。
■低消費電力と小面積を実現するPHY IP。
■HDCP暗号化エンジン、オーディオ・フォーマット、オーディオDMAエンジン、機能統合を容易にするシステム・バス・インターフェイスなど、多岐に渡るオプション機能。
■シノプシスのラピッド・プロトタイピング・プラットフォームConfirma HAPS-51で実行できるシステム・バリデーション。

シノプシス ソリューション・グループ マーケティング担当副社長のJohn Koeterは次のように述べている。「HDMIは、急速に進化を遂げてきた標準規格であり、デジタル・ホーム・シアター・システムやその他のポータブル・マルチメディア機器に革命をもたらし続けています。当社のDesignWare HDMI IPは、世界各国の主要なOEM先、半導体企業、IDM、ファウンドリで採用されてきたソリューションです。今回のDesignWare HDMI 1.4 デジタル・コントローラIPならびにPHY IPソリューションにより、SoC設計者やシステム・インテグレーターの皆様は、低リスクかつ迅速に最先端の機能を市場投入できるようになります」

<出荷時期>
DesignWare HDMI 1.4 Tx/Rx IPは、既に提供を開始している。PHY IPは、主要ファウンドリで提供されている90nmから40nmまでの10種以上のプロセス・テクノロジに対応している。詳細情報はhttp://www.synopsys.com/hdmiより入手可能。

<DesignWare IPについて>
シノプシスは、システムオンチップ向けの高品質かつシリコン実証済みのインターフェイスIPならびにアナログIPのリーディング・プロバイダである。シノプシスの多岐に渡るインターフェイスIP群は、デジタル・コントローラIP/PHY/検証用IPからなる完全なIPソリューションとして提供されており、USB/PCI Express/DDR/SATA/HDMI/ MIPI/Ethernetなど業界で広く採用されているプロトコルを実装するための各種IPを提供している。またアナログIPファミリーも、アナログ・デジタル・コンバータ/デジタル・アナログ・コンバータ/オーディオ・コーデック/ビデオ・アナログ・フロンロエンド/タッチスクリーン・コントローラなど、多岐に渡る。

さらにシノプシスは、シリコン完成前の段階でソフトウェア開発を開始するために必要となるバーチャル・プラットフォームを作成するためのSystemCベースのトランザクション・レベル・モデル群も提供している。
DesignWare IPは、信頼性の高い開発手法、品質確保のための巨額の投資の所産であるだけでなく、包括的な技術サポートとともに提供されているため、設計者は、IPのSoCへの統合リスクを最小化し、最終製品の市場投入までにかかる期間を短縮することができる。詳細情報はhttp://www.synopsys.com/designwareより入手可能。DesignWare IPコミュニティーへのご参加はこちらから。http://twitter.com/designware_ip

<シノプシスについて>
Synopsys, Inc. は、電子設計自動化(EDA)ソリューションの世界的リーダーであり、半導体の設計ならびに製造に用いられる各種のソフトウェア、設計資産(IP)、サービスを全世界のエレクトロニクス関連企業に提供している。設計/検証/IP/製造/FPGAの各ソリューションで構成されるシノプシスの包括的な統合環境により、顧客企業が設計や製造段階で直面している重要な課題、すなわち消費電力や歩留まりの管理、システム設計段階からシリコン製造段階までを網羅する総合検証、開発期間の短縮といった課題を克服することが可能になる。各種テクノロジを駆使したこれらのソリューションを活用することにより、顧客企業は、開発コストや開発リスクを削減しつつ最高の製品を迅速に市場投入することが可能となり、競争力を高めることができる。カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置き、事業所は北米、ヨーロッパ、日本、アジア、インドなど65ヶ所。詳細な情報は、http://www.synopsys.co.jpより入手可能。

# # #

Synopsys、Confirma、DesignWareは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。
その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

<お問い合わせ先>
日本シノプシス合同会社 
フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充
TEL: 03-5746-1780
FAX: 03-5746-1781