• EDSFair2011 2011年1月27日(木)、28日(金)開催予定!	EDSFair2010にご参加いただき、誠にありがとうございました。
  • Home
  • EDSFairについて
  • 出展者検索
  • 出展者セミナー
  • 特設ステージ
  • 特別ゾーン
  • 新興ベンダ・ガイド・ツアー
  • FPGA/PLD Design Conference
  • 交通アクセス / 宿泊
  • プレスルーム
  • お問い合わせ

 出展者詳細 TOOL(株)
312 

TOOL(株)
TOOL CORPORATION

出展物紹介

LAVISは、レイアウト設計から検証、製造、検査にいたるあらゆる場面で活用できる視覚検証ツールです。業界最高水準のレイアウトデータの高速表示に加え、演算機能による複数データの比較、min/max widthやダブルビアのチェック、メタルの被覆率計算など、簡易DFMチェッカーとしてご活用いただける機能を数多く搭載しています。さらに、故障解析の用途や、他社製DRC/LVSツールとの柔軟なインターフェースによるデバッグ用途などとしてもお使いいただけます。
また、GDSデータの大規模化にともないOASISデータへの移行が急務となる一方で、フォーマットチェックや不正図形チェックなどの作業には手間と時間を要します。OASIS-Utilityは、これらの煩雑な作業を効率的かつ高速に行うことができ、またチェック結果はLAVISを用いて視覚的に確認することも可能です。EDSFair2010では、LAVISとOASIS-Utilityが持ち合わせているこれらの有用な機能を、最新版を用いてご紹介いたします。


出展者セミナー

1月28日(木) 時間:15:30 〜 16:15   会場:C11
設計現場で活用できるLAVIS適用事例を一挙公開 !
〜 LAVISを使いこなしてコストを削減、TATも短縮 〜

長谷部寛昭
TOOL株式会社 営業部 マーケティンググループ ディレクター
DRC/LVSエラーのデバッグ作業の効率化に欠かすことができないテキストの検索や、複数のファイルフォーマット間のデータ比較、ノードトレースを活用したショートチェックやアンテナチェック、さらにはmin/max widthやダブルビアのチェックなど、LAVISはDFM 設計フローのあらゆる場面で使われています。LAVISを最大限に活用することで、設計コストの削減やTATの短縮が実現できることを、お客様の適用事例とともにご紹介いたします。
1月29日(金) 時間:15:30 〜 16:15   会場:C11
設計現場で活用できるLAVIS適用事例を一挙公開 !
〜 LAVISを使いこなしてコストを削減、TATも短縮 〜

長谷部寛昭
TOOL株式会社 営業部 マーケティンググループ ディレクター
DRC/LVSエラーのデバッグ作業の効率化に欠かすことができないテキストの検索や、複数のファイルフォーマット間のデータ比較、ノードトレースを活用したショートチェックやアンテナチェック、さらにはmin/max widthやダブルビアのチェックなど、LAVISはDFM 設計フローのあらゆる場面で使われています。LAVISを最大限に活用することで、設計コストの削減やTATの短縮が実現できることを、お客様の適用事例とともにご紹介いたします。

連絡先

営業部
Sales Department
TEL:(03) 5723-8144   FAX:(03) 3715-3628
E-mail:sales@tool.co.jp
URL:http://www.tool.co.jp/

所在地

〒153-0051
東京都目黒区上目黒3-3-14
3-3-14, Kamimeguro, Meguro-ku, Tokyo

出展者一覧 / 検索 に戻る