• EDSFair2011 2011年1月27日(木)、28日(金)開催予定!	EDSFair2010にご参加いただき、誠にありがとうございました。
  • Home
  • EDSFairについて
  • 出展者検索
  • 出展者セミナー
  • 特設ステージ
  • 特別ゾーン
  • 新興ベンダ・ガイド・ツアー
  • FPGA/PLD Design Conference
  • 交通アクセス / 宿泊
  • プレスルーム
  • お問い合わせ

 出展者詳細 日本イヴ(株)
401 

日本イヴ(株)
Nihon Eve K.K.
新製品

出展物紹介

HDLシミュレーションでのハードウェア論理検証が行き詰まりつつある今、革新的なアーキテクチャに基づく圧倒的な速度と優れた操作性を兼ね揃えたEVE社「ZeBu」シリーズは多くのお客様にとって最高のハードウェア・アシスト検証環境を実現しています。

数十億ゲートのデザインに対応した全自動コンパイルツールにより短時間で検証環境を構築でき、多くの強力なデバッグ機能とスマートデバッグ手法により複雑なコーナーケースのバグを効率的に特定することが可能です。

さらにEVE社が開発・提供する包括的な検証コンポーネントはトランザクタ、メモリ・モデルおよびスピードブリッジから構成され、仮想プラットフォームの実現を容易にし、HW/SWの統合そして組み込みソフトウェアの検証など、開発サイクルの全般で検証に必要なあらゆるニーズに最適なラインナップをもちます。

日本イヴのブースでは、昨年リリースされました最大10億ASICゲート対応のフラッグシップ・エミュレーション・システム ZeBu-Serverを中心にお客様のご期待に応える検証ソリューションの展示、デモを行います。


出展者セミナー

1月28日(木)
新製品
時間:13:30 〜 14:15   会場:DM3
マルチコア時代の新たな検証危機へのソリューション:ZeBu-Server
松本 光寛
AE Manager
本セッションでは、マルチコア時代の大規模SoC開発/検証において重大な懸案になると考えられる三つの課題について、その解決方法を具体的に論じます。 課題1) ハードウェア検証におけるレグレッション・テストの加速 PCI-Expressなどの新しい規格は、インタフェース仕様の複雑化とバリエーションの増加によって、ハードウェア検証におけるレグレッション・テストの負荷は、増大の一途をたどっています。 実例を基に、レグレッション・テストの効率を数十倍にする具体的なアプローチをご紹介します。 課題2) ソフトウェア開発における“ハードウェアが見える”テストプログラムの実現 通常のプロトタイプや評価ボードではソフトウェアからハードウェアの状態をリアルタイムに確認できないため、不具合によっては原因解析に多大な時間を費やすことがあります。 ZeBuは、レジスタ値遷移やバス動作をソフトウェアの視点から容易にチェックできる新技術を提供しています。その具体的な使い方をご紹介します。 課題3) システム検証における“ハードウェアとソフトウェアの隙間”の可視化 キャッシュや共有メモリなどシステム性能向上を図るためのハードウェアは、一般にソフトウェアからその状態を確認できません。そのため、マルチ/メニーコア構成のSoCにおいて不具合があった場合、原因解析が非常に難しくなります。 ZeBuでは、キャッシュ、階層バス、メモリコントローラのモニタリングによって、不具合の原因となっている物理アドレスへのアクセスが「いつ」「どこで」発生しているかを確実に検出し、マルチ/メニーコアSoCのデバッグを劇的に効率化します。
1月29日(金)
新製品
時間:13:30 〜 14:15   会場:DM3
マルチコア時代の新たな検証危機へのソリューション:ZeBu-Server
松本 光寛
AE Manager
本セッションでは、マルチコア時代の大規模SoC開発/検証において重大な懸案になると考えられる三つの課題について、その解決方法を具体的に論じます。 課題1) ハードウェア検証におけるレグレッション・テストの加速 PCI-Expressなどの新しい規格は、インタフェース仕様の複雑化とバリエーションの増加によって、ハードウェア検証におけるレグレッション・テストの負荷は、増大の一途をたどっています。 実例を基に、レグレッション・テストの効率を数十倍にする具体的なアプローチをご紹介します。 課題2) ソフトウェア開発における“ハードウェアが見える”テストプログラムの実現 通常のプロトタイプや評価ボードではソフトウェアからハードウェアの状態をリアルタイムに確認できないため、不具合によっては原因解析に多大な時間を費やすことがあります。 ZeBuは、レジスタ値遷移やバス動作をソフトウェアの視点から容易にチェックできる新技術を提供しています。その具体的な使い方をご紹介します。 課題3) システム検証における“ハードウェアとソフトウェアの隙間”の可視化 キャッシュや共有メモリなどシステム性能向上を図るためのハードウェアは、一般にソフトウェアからその状態を確認できません。そのため、マルチ/メニーコア構成のSoCにおいて不具合があった場合、原因解析が非常に難しくなります。 ZeBuでは、キャッシュ、階層バス、メモリコントローラのモニタリングによって、不具合の原因となっている物理アドレスへのアクセスが「いつ」「どこで」発生しているかを確実に検出し、マルチ/メニーコアSoCのデバッグを劇的に効率化します。

連絡先

営業部
Sales Department
TEL:045-470-7811   FAX:045-473-7814
E-mail:js@eve-team.com
URL:http://www.eve-japan.co.jp/

所在地

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-7-17
KAKiYAビル4階
KAKiYA Building4F, 2-7-17, Shinyokohama,
Kohoku-ku, Yokohama, 222-0033 JAPAN

出展者一覧 / 検索 に戻る