• EDSFair2011 2011年1月27日(木)、28日(金)開催予定!	EDSFair2010にご参加いただき、誠にありがとうございました。
  • Home
  • EDSFairについて
  • 出展者検索
  • 出展者セミナー
  • 特設ステージ
  • 特別ゾーン
  • 新興ベンダ・ガイド・ツアー
  • FPGA/PLD Design Conference
  • 交通アクセス / 宿泊
  • プレスルーム
  • お問い合わせ

 出展者詳細 Dorado Design Automation, Inc.
117 

Dorado Design Automation, Inc.

出展物紹介

Dorado社 のTweakerは ”機能的ECO” (Functional ECO) と”時間的ECO” ( Timing ECO ) 含まれたECO ( Engineering Change Order ) ツールでございます

Tweaker-F1は ECO ロジック計算する際 、時間と物理(Timing, Physical)的な資料、更に複雑なモジュール.バウンダリー(module boundary)問題も同時に考慮するツールであります。
既に特許を出願したECO エンジン はTweaker-F1 の出力したECO ロジック は最小限であることを保証いたします.

Metal ECOに関しては, Tweaker-M1はロジック.リーサイクリング(Logic Re-Cycling) とリーメッピンぐ(Logic Re-Mapping) の技術を活かしたことであります。
以前実現できないと思われたMetal ECO は可能になりますので. 元々多く諦めたECO はTweaker-M1を使って取り戻しました.

Tweaker-T1の構造は最初は MMMC ( Multi-Mode, Multi-Corner )のために設計されたので、同時に40個以上のSTAコーナーに対してホールド.タイムー.フィシング( Hold Time Fixing)が出来ます。更に時間設定には影響を与えられません。
Tweaker-T1 は多くの会社に採用実績もございました。

Dorado's Tweaker is an ECO tool suite that includes Functional ECO and Timing ECO.

Tweaker-T1 is fundamentally architeched for MMMC ( Multi-Mode, Multi-Corner ). It handles more than 40 STA corners of Hold Time fixing while keeping Setup Time intact. The tool has been proven in many IC companies.

Tweaker-F1 inserts functional changes into post layout design database with refer to timing and physical data, and handles complicated ECO module boundary issues automatically. The patent pending ECO Engine ensures minimum logic changes for the ECO cones.

For metal ECO, Tweaker-M1's logic re-cycling and logic re-mapping could turn an infeasible ECO to be feasible. It simply saves chips and time to market.


連絡先

Sales Div.
TEL:+886-3-5730608#205   FAX:+886-3-5735136
E-mail:sales@dorado-da.com
URL:http://www.dorado-da.com/

所在地

〒300-71

12F-6,No.295,Sec.2,KuangFu Road,Hsinchu,Taiwan

出展者一覧 / 検索 に戻る