• EDSFair2011 2011年1月27日(木)、28日(金)開催予定!	EDSFair2010にご参加いただき、誠にありがとうございました。
  • Home
  • EDSFairについて
  • 出展者検索
  • 出展者セミナー
  • 特設ステージ
  • 特別ゾーン
  • 新興ベンダ・ガイド・ツアー
  • FPGA/PLD Design Conference
  • 交通アクセス / 宿泊
  • プレスルーム
  • お問い合わせ

 出展者詳細 デナリソフトウエア(株)
129 

デナリソフトウエア(株)
Denali Software K.K.
新製品

出展物紹介

コンフィギュレーション可能なシリコン実証済みIP「Databahn」とユニバーサルな検証IP「PureSpec」、「MMAV」およびその適用例を紹介します。

1.Databahn DRAM
-システム性能を最大化する調停エンジン、コマンド先読み機能をもつ高機能DRAMメモリコントローラIP
-DDR3, DDR2, LPDDR2, LPDDR1など複数メモリに対応

2.Databahn-NAND
-NAND Flash, ONFiなど複数世代のNANDフラッシュに対応するスーパーマルチフラッシュメモリコントローラIP

3.Databahn-PCIe
-PCI Express Gen3/2に対応するPCI Express設計IP

4.PureSpec
-あらゆる検証環境に対応する標準バス対応検証IP
-トランザクション、サイクルベース、RTL検証に対応
-PCIe, USB, SATA, Ethernet, AMBA, OCP, PLBに対応
-検証環境の立上げ、再利用が可能な検証IP

5.MMAV
-業界標準メモリインタフェース検証IP
-DRAM、Flash、メモリカード各種に対応
-検証生産性を向上させるシステムタスクを多数用意

Denali Software Inc. is the world's leading provider of EDA tools and Intellectual Property (IP) solutions for chip interface design, integration and verification.

1.Databahn is the most widely-used IP solution for chip interface standards such as PCI Express, DDR-SDRAM and NAND Flash memory.

2.PureSpec is the most complete verification IP for validating compliance and interoperability of complex interface protocols. PureSpec supports all SoC interface standards, including: AMBA (AXI,AHB,APB), CE-ATA, Ethernet, PCI Express (1.0/2.0/3.0) and also I/O Virtualization (IOV), PLB4/6, Serial ATA, SDIO (Host) and USB 2.0/OTG & USB 3.0, DFI and OCP.

3.MMAV verification IP is the de facto standard solution for modeling and simulating memory, and verifying ASIC interfaces to memory.


出展者セミナー

1月28日(木)
新製品
時間:11:30 〜 12:15   会場:C11
IPを活用したメモリサブシステムのシステム最適化
小野 努
プロジェクトマネージャ
最新のデジタル製品向けLSI開発において、メモリとストレージはシステム性能の鍵を握る重要なパートです。デナリは、数年先のメモリ市場を見越した拡張性 の高いIPソリューションを提供いたします。 本セッションでは、最新DRAMとNAND Flashに対応するスーパーマルチ・メモリコントローラIP「Databahn」の特長とその適用例について講演いたします。 システム最適化を実現するためのIPの優れた機能についても解説いたします。 また、多様化するお客様のニーズに対応した「Databahn」のプロトタイピング、ESLツール、サードパーティIPとの統合例についても最新情報をお届けします。 ・AMBA SOCプラットフォームにおけるメモリコントローラ ・Databahn DRAMおよびNAND FlashコントローラIPの特長 ・DRAMコントローラの優れた機能の紹介(マルチポート調停、コマンド先読み) ・Flashコントローラの優れた機能の紹介(ECC、DMA、非互換メモリ対応) ・プロトタイピング、PHYとのインテグレーション容易性 ・3rd Party インターコネクトIP、ESLツールとの統合例 ・Databahnロードマップ、次世代メモリへの対応
1月28日(木)
新製品
時間:13:30 〜 14:15   会場:E206
検証ストレスを軽減するための検証IP活用術
松田 勇
プロジェクトマネージャ
検証TAT短縮と品質向上のためにSystemVerilogをベースとした検証メソドロジ(OVMやVMM)の検討や実プロジェクトへの適用が加速していますが、その一方で、過去の検証環境を移行するために莫大な作業工数がかかるのもエンジニアが抱える問題となっています。検証ツールやメソドロジ固有の環境構築を最小限にして、できるだけ検証環境に依存しない形で検証IPを活用するのが効果的です。 デナリのユニバーサルな検証IP「MMAV」と「PureSpec」を使用することで、お客様は、検証環境の早期立上げや移行、新しい検証手法を採り入れた高度な検証を速やかに実行することができます。 本セッションでは、SoCバスおよび高速I/F:PCI Express/USB3.0を例にとりデナリ検証IPの活用術を紹介いたします。
1月28日(木)
新製品
時間:14:30 〜 15:15   会場:E206
AMBAプラットフォームの実践的な検証手順
小林 亘
プロジェクトマネージャ
AMBAバスインタフェースおよびメモリサブシステムの検証を効率的に行うためにデナリの検証IPを活用した実践的な検証手法について講演いたします。 講演には次の内容が含まれます。 ・デナリ検証IPの特長と検証プラットフォーム例、優位性 ・テストベンチ作成容易化、シミュレーション速度向上術 ・デバッグ容易にするための設定、効率的なデバッグ方法 ・検証IPに組込み済のアサーションを利用したカバレッジ向上術 ・トランザクションインタフェースを用いた検証 ・すぐに役に立つIP活用術、エラーケースのテスト記述例 ・新製品MMAV2010の特長、機能のご紹介 すぐに活用できる検証IPに用意されたアサーション、バックドア・アクセス、コールバック、エラー挿入機能の設定方法やその効果、視覚的なデバッグウィン ドウによるデバッグ効果についても説明いたします。
1月29日(金)
新製品
時間:10:30 〜 11:15   会場:C11
高速高性能システム向けPCI Express Gen3 IPの活用例
小林 亘
プロジェクトマネージャ
大規模なSoCを短期間に開発するには、IPを効率的に活用する事が重要な要素です。デナリでは、複雑化の一途をたどる高速インタフェースであるPCI Express デザイン実現のために、コンパクトで高性能な設計IP「Databahn PCIe」とデザインの規格準拠と他のデバイスとの相互接続性と数千の自動テストにより検証カバレッジ向上を実現する検証スイート「PureSpec/PureSuite for PCIe」を提供いたします。 本セッションでは、PCI Express Gen3テクノロジにフォーカスし、IPの特長とPCI Expressデザインへの適用例、およびPCI Expressインタフェースの複雑な検証を 効率的に進めるための検証IP活用テクニックについて紹介いたします。
1月29日(金)
新製品
時間:11:30 〜 12:15   会場:C11
IPを活用したメモリサブシステムのシステム最適化
植田 隆
シニアCAEマネージャ
最新のデジタル製品向けLSI開発において、メモリとストレージはシステム性能の鍵を握る重要なパートです。デナリは、数年先のメモリ市場を見越した拡張性 の高いIPソリューションを提供いたします。 本セッションでは、最新DRAMとNAND Flashに対応するスーパーマルチ・メモリコントローラIP「Databahn」の特長とその適用例について講演いたします。 システム最適化を実現するためのIPの優れた機能についても解説いたします。 また、多様化するお客様のニーズに対応した「Databahn」のプロトタイピング、ESLツール、サードパーティIPとの統合例についても最新情報をお届けします。 ・AMBA SOCプラットフォームにおけるメモリコントローラ ・Databahn DRAMおよびNAND FlashコントローラIPの特長 ・DRAMコントローラの優れた機能の紹介(マルチポート調停、コマンド先読み) ・Flashコントローラの優れた機能の紹介(ECC、DMA、非互換メモリ対応) ・プロトタイピング、PHYとのインテグレーション容易性 ・3rd Party インターコネクトIP、ESLツールとの統合例 ・Databahnロードマップ、次世代メモリへの対応
1月29日(金)
新製品
時間:13:30 〜 14:15   会場:E206
USB3.0デザイン検証の効率的な進め方
松田 勇
プロジェクトマネージャ
USB3.0デザイン向け検証IPと検証スイートを使用した実践的な検証方法について講演いたします。講演には次の内容が含まれます。 ・ USB3.0特長とUSB2.0との相違 ・ USB3.0検証IP「PureSpec」特長とその優位性 ・ 検証生産性を高めるアサーション、コールバック、エラー機能の使用法とその効果 ・ モデル使用法(PHY検証、PIPE/ピン・インタフェースでの検証例) ・ 3rd IPの検証の進め方 ・ エラーケースの作成、検証事例 ・ コンプライアンスチェック用検証スイート「PureSuite USB3.0」特長 ・ OVM環境での検証、コンプライアンスチェックの実行例 ・ テストプラン自動作成によるカバレッジ向上の例

連絡先

デナリソフトウエア株式会社
Denali Software K.K.
TEL:03-3511-2460   FAX:03-3511-2461
E-mail:info@denalisoft.co.jp
URL:http://www.denalisoft.co.jp

所在地

〒102-0073
東京都千代田区九段北1-4-1
日本地所ブルックスビル
1-4-1 Kudankita, Chiyoda, Tokyo, Japan

出展者一覧 / 検索 に戻る