プレスルーム

Cadence Design SystemsとCST、共同で市場を開拓するための契約を締結

2010年11月30日、CST(Computer Simulation Technology)はCadence Design Systemsと共同で市場を開拓するための契約を締結したことを明らかにしました。CadenceとCST両社のアプリケーションチームは、共同してカスタマの要求に応え最善のソリューションを提供することになります。

ソリューションとして、次の2通りのワークフローが提供される見込みです:

■ EM-centric approach
フルウェイブ電磁界解析を中心とするアプローチです。brdやmcm、sipファイルのダイレクトインポートを端緒として、プリプロセスとポストプロセスを含む電磁界解析の全機能を活用し、筺体をはじめとするさまざまな効果を考慮したパラメータスタディや最適化を行います。

■ EDA-centric approach
レイアウトツールを中心とするアプローチです。フルウェイブ電磁界解析がバックグラウンドで処理を行い、結果をレイアウトツールに渡します。バックグラウンドの処理は全自動で行われるので、電磁界に関する専門知識をさほど要さずに有意な3次元特性データをレイアウトに活かすことができます。

詳細については今後の発表をお待ちください。



主催者

メディアパートナー

Tech-On

EDN Japan

半導体産業新聞

EE Times Japan

同時開催

このページの先頭へ

出展をご検討の方
個人情報保護方針 | 著作権について | お問い合わせ / ご意見・ご要望 | 交通アクセス | サイトマップ