出展者詳細 カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
304 

カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
Carbon Design Systems Japan K.K.

出展物紹介


出展者セミナー

1月27日(木) 時間:11:30 〜 12:15   会場:DM3
System Performance Optimization by Carbon
大石 敏久
アプリケーションエンジニアグループ ディレクター
2008年リーマンショックを契機に長引く不況、また今年に入り数々のESLベンダーが買収されました。このようなEDA業界やESLベンダーの状況に関わらず、なぜCarbon社は年率28〜87%の成長を続けられているのでしょうか。大きな違いは、他のESLツールと違いCarbon社では、100%サイクル精度のモデルに特化した検証環境を提供していることにあります。他のESLツールのモデルでは、そのベンダーが独自に作成したモデルのため、シリコンの動きを忠実に模擬するものではありません。特にモデルの精度が悪いことに加え、モデルの不具合等で悩まされたという話が後を絶ちません。一方、Carbon社では、ARM社IPに関しては、プロセッサ、バス、周辺IP含め、全てのIPが100%サイクル精度モデルとして、Carbon SoC Designer Plusにバンドルされています。数兆通りの組み合わせがあるようなコンフィギャラブルIPについては、クラウドベースのモデル生成サイト“Carbon IP Exchange”(http://carbonipexchange.com)で、任意のコンフィギュレーションの100%サイクル精度モデルを生成可能です。“Carbon IP Exchange”のクラウド上には、ARM社以外の他IPベンダー社製モデルも現在準備中です。ARM社製AMBAバスIPについては、Carbon SoC Designer Plus にARM社製AMBA Designer Liteがバンドルされていますので、特に近年のSoC性能設計の要と言われるバス性能解析・設計を100%サイクル精度のAMBAバスIPモデルを使用して、実シリコンと同一精度で検証することが可能になりました。Carbon SoC Designer Plusに付属するプロファイル機能を使用することにより、簡単かつ詳細に性能解析が行えます。講演では、Carbon社ツールを使用したシステム性能解析・チューニングについてのユーザ事例を交えてご紹介致します。
1月28日(金) 時間:11:30 〜 12:15   会場:DM4
System Performance Optimization by Carbon
大石 敏久
アプリケーションエンジニアグループ ディレクター
2008年リーマンショックを契機に長引く不況、また今年に入り数々のESLベンダーが買収されました。このようなEDA業界やESLベンダーの状況に関わらず、なぜCarbon社は年率28〜87%の成長を続けられているのでしょうか。大きな違いは、他のESLツールと違いCarbon社では、100%サイクル精度のモデルに特化した検証環境を提供していることにあります。他のESLツールのモデルでは、そのベンダーが独自に作成したモデルのため、シリコンの動きを忠実に模擬するものではありません。特にモデルの精度が悪いことに加え、モデルの不具合等で悩まされたという話が後を絶ちません。一方、Carbon社では、ARM社IPに関しては、プロセッサ、バス、周辺IP含め、全てのIPが100%サイクル精度モデルとして、Carbon SoC Designer Plusにバンドルされています。数兆通りの組み合わせがあるようなコンフィギャラブルIPについては、クラウドベースのモデル生成サイト“Carbon IP Exchange”(http://carbonipexchange.com)で、任意のコンフィギュレーションの100%サイクル精度モデルを生成可能です。“Carbon IP Exchange”のクラウド上には、ARM社以外の他IPベンダー社製モデルも現在準備中です。ARM社製AMBAバスIPについては、Carbon SoC Designer Plus にARM社製AMBA Designer Liteがバンドルされていますので、特に近年のSoC性能設計の要と言われるバス性能解析・設計を100%サイクル精度のAMBAバスIPモデルを使用して、実シリコンと同一精度で検証することが可能になりました。Carbon SoC Designer Plusに付属するプロファイル機能を使用することにより、簡単かつ詳細に性能解析が行えます。講演では、Carbon社ツールを使用したシステム性能解析・チューニングについてのユーザ事例を交えてご紹介致します。

連絡先


URL:http://www.carbondesignsystems.co.jp

所在地

出展者一覧 / 検索 に戻る

主催者

メディアパートナー

Tech-On

EDN Japan

半導体産業新聞

EE Times Japan

同時開催

このページの先頭へ

出展をご検討の方
個人情報保護方針 | 著作権について | お問い合わせ / ご意見・ご要望 | 交通アクセス | サイトマップ